フィンテック革命ってなに?ブロックチェーンによるフィンテック革命で何が変わるの?

【管理人プロフィールはこちら】

インランねーちゃん

インランねーちゃん
コイン君! フィンテック革命ってなに! フィンテック革命!

コイン君

コイン君
あ~それは、フィンランド人のテックニックはものすごい気持ちいいってことだよ。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
あ~そういえば、すっごかったわ!

コイン君

コイン君
え! うそ! 経験あんの?

インランねーちゃん

インランねーちゃん
ね~よ! 自分からふざけてあせるなよ!

コイン君

コイン君
。。。





フィンテックという言葉は、ファイナンス(金融)とテクノロジー(ITによる自動化)を組み合わせた言葉です。

ブロックチェーン技術を使ったフィンテック分野はものすごい可能性のもと日々進化しています。

ここではそのすごいフィンテックの可能性についてわかりやすく紹介していきます。

 

フィンテックでさらなる銀行の自動化を実現できる!

一昔前にくらべれば、インターネットバンキングなどがかなり浸透しています。

おかげで家に居ながらにして振込みをしたり、入金確認したりできるようになったのでかなり便利になりました。

でもそれを実行するときにかかる手数料は依然として高めです。

時間帯によっては、翌日・翌々日の実行になったりします。

まだまだ人件費がかかる人による作業が多いためですね。

これをブロックチェーン技術を導入することによって人的作業を極限まで減らせば、格安の手数料で即時実行が可能になる。

フィンテックによって、ありとあらゆる分野で大きな変化が起こっていきます。



 

フィンテック革命はどんな金融分野で起きる?

金融分野には、主に(貸す)(借りる)(増やす)(支払い)(受け取り)といろいろあります。

すべての分野でフィンテックによるイノベーションが進んでいくと考えられます。

やはり最初にあげられるのは銀行ですが、まだまだ日本は現金での支払いが多いです。

2020年の東京オリンピックまでにキャッシュレス決済が普及するように政府が動いています。

現金の出入金(支払い・受け取り)が不要になりATMが銀行から姿を消し、コンビニに残るのみとなるかもしれません。

融資(貸す・借りる)という分野も銀行はとても敷居が高いです。

最近はクラウドファンディングというインターネット上で資金をつのることが個人で出来るようになっています。

なのでわざわざ銀行で借りる必要が無くなっていくでしょう。

資産運用(増やす)の分野も、いままではお金持ちが対象でした。

最近はスタートアップ企業が参入してきてロボットアドバイザーを導入することで低価格を実現しています。

手を出したくても出せなかった人達が運用出来るようになってきています。

そのほか生命保険・自動車保険なども人間がすすめる商品は、向こう都合の商品に限られます。

ロボットアドバイザーであれば、利用者のデータからその人にもっとも最適な提案をしてくれるでしょう。



 

ブロッチェーンを使ったフィンテックとは? まとめ

・キャッシュレス決済が急速に普及して、現金の出入金が必要なくなることでATMが姿を消し実店舗の銀行も減っていく

・個人でネット上で資金をつのることが出来るようになってきているので、敷居の高い銀行による融資に頼らなくてよくなる

・ロボットアドバイザーを導入することで、金持ちしか使えなかった資産運用に資産の少ない人達も参加できるようになる

・保険の分野にもロボットアドバイザーを導入することで人件費をカットし、利用者に最適な提案をいままでよりも安く提供できる

以上になりますが、今後もたくさんの新しいサービスが生まれてきて最適化されることで、利用者にとって安くて便利なシステムが生き残っていくでしょう。

まだまだ発展途上中のブロックチェーン技術ですが、今のうちからブロッチェーンを使ったアプリ開発など学んでおくと時代をリードできるかもしれません。

⇒ 【TechAcademy】ブロックチェーンコース

⇒ 未来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最新!3つのブロックチェーン活用方法!分散台帳を活かした未来のサービスとは?

ブロックチェーンとは?わかりやすくその仕組みと将来性を解説します!

難民を救うことができるようになる?ブロックチェーンで身分証明(ID)を発行!

ブロックチェーンの実用例は?企業はビジネスにどう利用していくのか?