ICOってなに?仮想通貨とトークンの違いってなに? 

インランねーちゃん

インランねーちゃん
コイン君! 質問! 質問!

コイン君

コイン君
な~に~。モテキじゃないよ~。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
それは知ってる! トークンとかICOっていうのがいまいち分かんないんだけどさぁ~?

コイン君

コイン君
あ~ちょっと分かりにくいよね~。まだかなぁ~、モテキ。




国内の仮想通貨取引所ではZaif(ザイフ)、海外の仮想通貨取引所ではほとんどの取引所で仮想通貨のほかに、トークンというものが売り出されています。

ここではなんとなく分かりにくい存在のトークンと仮想通貨の違いを解説していきますね。

 

まずは仮想通貨について

一般的に仮想通貨と呼ばれている代表にあるのがビットコインやイーサリアムですが、実はこれ正しくはビットコインシステムのなかの仮想通貨が(BTC)であり、イーサリアム・プロジェクトのなかで使われている仮想通貨が(ETH)なんですね。

ビットコインシステムもイーサリアム・プロジェクトも独自のブロックチェーン技術を採用しています。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
へぇー。 仮想通貨ってプロジェクトのなかの内部通貨なんだね。投資対象としておいしいから、プロジェクトより通貨のほうが有名になっちゃってるんだね。

 

それではトークンについて

そしてトークンというのが、ビットコインやイーサリアムなどのすでに存在しているブロックチェーン技術から作った通貨をトークンと呼んでいます。

まあはっきり言って仮想通貨もトークンも混在して使われていることも多いのですが、いちおうは既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作ったもののほうを、トークンといいます。



ではなぜトークンは存在しているか

トークンはおもに企業や個人が資金調達をするために作られます。

ビットコインやイーサリアムはすでに総発行枚数が決まっているのに対して、トークンでは発行者(企業など)が発行枚数を自由に調整できます。

ですのでトークンは株式に近いものなのですが、発行したトークンの過半数を取得されても株式のように経営権を奪われることはありません。

その点は企業にとって、株式よりリスクが少ないといえますね。

トークンを買う投資家は、それこそ株を買うようにトークンを買い、その市場価値が上がっていくのを期待しているわけです。

トークンで資金調達すること自体を、ICOと呼びます。

未上場企業が新規で証券取引所に上場して、資金調達することをIPOといいますがとてもハードルが高いのです。

ですので、誰でも手軽にトークンを売り出して資金調達できるICOに注目が集まっているわけです。しかし詐欺もたくさん混在している状況なので注意が必要です。

 

インランねーちゃん

インランねーちゃん
トークンは株式よりも資金調達のハードルが低いんだね。で、トークンで資金調達する行為がICOなのね。

コイン君

コイン君
ハードルが低いから有能な若い人にチャンスを与えれる反面、詐欺的な中身のないICOもたくさんあるから要注意!




仮想通貨とトークンの違い 解決編

トークンは、ビットコインやイーサリアムなどの既存のブロックチェーン技術から作成された通貨

・トークンは、企業でも個人でも誰でも発行でき資金調達が目的

・ハードルがとても高いIPO(新規公開株)よりも、だれでもお手軽にトークンを発行して資金調達できるICOに人気が集まっている

・ハードルが低いゆえに、ICOトークンのほとんどがのちに無価値になるリスクがある

以上、仮想通貨とトークンの違いでした。

よろしければこちらも読んでみてくださいね。

仮想通貨の存在意義ってなんですか?

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大暴落の仮想通貨ビットコイン・復活のための課題はなに?

有望なアルトコインは?仮想通貨ビットコインより有望なアルトコインを徹底調査!

販売所と取引所の違いに気を付けて!仮想通貨取引所のトラップに注意!

海外仮想通貨取引所はどこがおすすめ?メリットは何?安全性は大丈夫?

リスクをおさえる方法は?少額から始めるビットコイン取引!

イーサリアムの分散型取引所(DEX)ってなに?