【NFTについて分かりやすく解説!】要するにここがスゴい!!

NFTってよく聞くんですけど、いまいち何がスゴイのか分からないんですよ~。

急激に騒がれ始めたNFTですが、正直何がスゴイのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

とは言え、インターネット誕生以来の衝撃とも囁かれる「NFT」ですから、分からないままだとかなり損してしまうかも。

そこでこの記事では【NFTについて分かりやすく!そして今どんな面白いことが起きているのか】についてご紹介していきます。

NFTとは?わかりやすく!

NFTを出来るかぎり簡単に言うと、

「替えが利かないデジタルデータ」

のことです。

デジタルデータですか。。。

まだちょっと分かりにくいかもしれませんが、読み進めていただくと次第に見えてくるはず。

NFTが誕生するまで、デジタル作品は簡単にコピーできてしまうため、それが本物であること所有者が誰かを証明することが困難でした。

しかしNFTの登場により、デジタル上でもそれが本物かつ、〇〇さんの所有であると証明できるように。

デジタルデータを「資産」として取り扱うことが可能になったのです。

NFTの具体的なジャンルをあげると、アート・ゲーム・音楽・スポーツ・不動産・コレクターズアイテムなど多岐にわたります。

また常に本物であること、所有者が誰か、どんな取引があったかがブロックチェーンに記録されるので、次のような画期的なことも可能になっています。

作品Aを購入した人が、それを他の人に転売した場合。

これまでは作品Aを転売した人にしか利益が入りませんでした。

当たり前ですよね~?

しかしNFT化された作品なら、転売されるたびにその作品の制作者にも収益が入る仕組みが作れます。

これはどのジャンルのアーティストにとってもうれしいニュースではないでしょうか。

NFTが注目されたキッカケは?

NFTが世界中から注目されることになったのは、以下のようなことがあったからです。

・NFT化したTwitter創業者の初ツイートが3億円で落札

・VRアーティストのせきぐちあいみさんがNFT化したデジタルアート作品が約1,300万円で落札

・小学3年生の男の子が描いたドット絵(ピクセルアート)をNFT化したら80万円で落札

ところでデジタルアートやデジタル動画なんて、コピーしようと思えばいくらでも出来てしまいますよね。

誰でもコピーして見ることができるものに、何の価値があるのかと疑問に思う人も多いはず。

しかしNFT化されたデジタルデータは、見た目は同じに見えても、所有権収録されている情報をコピーすることはできません。

そしてその唯一無二のデジタル作品を、「いくら出しても所有したい」という人が世界にはたくさんいるということ。

こういったことが、世界中の大企業や有名ブランドをどんどんNFT事業に引き込んでいるわけです。

「NFT」を売買する方法は?

NFTマーケットプレイスを利用する

現在NFTのやりとりをするには、NFTマーケットプレイスを利用します。

海外のメジャーなNFTマーケットプレイスがいくつかありますが、それらの公式サイトでのやりとりは基本的に英語です。

翻訳しても正直分かりづらいので、まずは国内の中でも特に使いやすいコインチェックNFT(β版)の利用がおすすめ。

利用するには、コインチェック口座(無料)を開設するだけです。

期間限定!今なら口座開設後72時間以内に少しでも入金するだけで1,500円分のビットコインがもらえる!(入金額はいくらでもOK!

できる範囲で入金して、もらった1,500円分のビットコインと合わせてNFTを購入してみるのもいいですね。

コインチェックでは、SKE48や世界のサッカー選手のトレーディングカードや、ゲームのアイテム、ネット上の仮想空間の土地などを取りあつかっています。

しかも本来は負担の多い、出品・購入にかかる手数料無料

すぐにやりとりができるように準備しておくと、いいタイミングで取引できるかもしれませんね。

期間限定!今なら口座開設後72時間以内に少しでも入金するだけで1,500円分のビットコインがもらえる!(入金額はいくらでもOK!