ビットバンク

【ビットバンクの評判は?】利用者の口コミからメリットデメリットを徹底検証!

管理人
管理人
この記事では暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットバンクの評判」についてまとめています。

具体的にはビットバンクを実際に利用したことのある方の口コミから「評判」を検証していきます!

⇒【ビットバンク公式サイトはこちら

 

【ビットバンクとは?】

ビットバンクは2014年に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所のことです。

このビットバンクは、仮想通貨が日本国内で取引され始めた比較的初期から取引を開始しています。

ですので、国内仮想通貨業界における草分け的な存在として知られています。

多くの仮想通貨取引所が実際の証券会社や金融機関、あるいはIT企業などの傘下にある中、独立系の仮想通貨取引所として活動をおこなっているのも大きな特徴です。

さらに2020年現在では、国内で最も多い仮想通貨取引量を誇る取引所に成長しています。

こういった背景からビットバンクは、多くのユーザー数を持っているので、そのぶん良い評判や悪い評判があります。

今回はそんな口コミから、ビットバンクのメリットやデメリットを紹介していきます!

まずは気になる「悪い口コミ」から挙げていきます。

【ビットバンクの悪い口コミ・評判は?】

ビットバンクにも、残念ながら悪い口コミや評判はあります。

42歳男性
42歳男性
★☆☆☆☆  

信用取引ができないのがとても残念です。

ビットコインなどのメジャーな通貨は、価格が法定通貨並みに安定しているシーンもありレバレッジで取引したいところ。

こういった現物のみの取引はイマイチだと感じますね。

他の仮想通貨取引所のように信用取引も早期に導入してほしいと思います。

31歳男性
31歳男性
★★☆☆☆  

業界ナンバーワンという口コミで選びました。

業界ナンバーワンでも仮想通貨を売ろうとした売り注文が通らず、結局注文が無視されたんです。

こんなことってありますか。

他の取引所もそうなら問題ないんですけどびっくりしました。

ちょっと値段が落ちたタイミングで、なんとか売ることはできましたけど。

 

【ビットバンクの良い口コミ・評判は?】

もちろん良い口コミや評判もありますのでご紹介していきます!

35歳男性
35歳男性
★★★★★

アルトコインが取引所でユーザー間取引ができるのは魅力ですね。

ビットコインなら結構多くの仮想通貨取引所で対応しているのですが、それ以外は取引所と直接売買する販売所ばかり。

それを思うとすごくありがたい対応だと思います。

モナコインを取引所扱いで取引できるので、希望価格で売買できるのは大きいですね。

41歳男性
41歳男性
★★★★★

仕事終わりの深夜も入金したいタイミングってありますよね。

そんな時もリアルタイムで入金できるのは結構大きいです。

それに仕事が休みの土日でも早朝や深夜に入金できるので、ここぞのタイミングで入金できるのは正直すごく便利でしたね。

30歳男性
30歳男性
★★★★☆

スマホアプリがあるのは嬉しいですね。

平日は仕事で会社ですし、休日は外出したいです。

だからパソコンに張り付いて仮想通貨の取引ってしたくないんですよね。

でもビットバンクってアプリもしっかり用意してあるから、出先でも楽々取引できるのがいいです。

⇒【ビットバンク公式サイトはこちら

 

【ビットバンクの悪い口コミ・評判から分かるデメリットは?】

ビットバンクの悪い口コミや評判から分かるデメリットは、現物取引しか対応していないことや約定力が低めということです。

現物取引とは、レバレッジのかけられない金額そのままの取引のことです。

日本国内では、信用取引と呼ばれる仮想通貨のレバレッジ取引が認められており、4倍のレバレッジがかけられる仕組みです。

しかしビットバンクでは、そういったレバレッジの取引をおこなっていないので1倍でしか取引できません。

これは大きな利益を狙っている方にとってデメリットといえます。

約定力が低めという評判もデメリットです。

これは売買注文を入れても、自分が狙ったタイミングで売買をしてくれないということを意味しています。

基本的には注文すれば注文が通るものの、相場が大きく動いたタイミングでは、口コミのように注文が通らないことがあるのは注意すべきポイントです。

【ビットバンクの良い口コミ・評判から分かるメリットは?】

次にビットバンクの良い口コミや評判から分かるメリットを紹介していきましょう。

まずはアルトコインが「取引所形式」で注文できること。

そして早朝・深夜でも日本円で入金できること。

さらにビットバンクのスマホアプリがあることです。

アルトコインが取引所形式で注文できるというメリットは、ユーザー間でビットコイン以外の仮想通貨が取引できるということを意味しています。

取引所形式のほうが、安く買えて高く売れるので圧倒的に利益が出しやすいです。

ビットバンクでは、アルトコインとしてイーサリアムやリップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、そしてモナコインの取り扱いがあります。

特に口コミにあったモナコインは、他社でも販売所形式での取り扱いがほとんどです。

ですから非常に貴重な存在であり、大きなメリットとして挙げることができます。

あとはいつでも日本円で入金できることは大変便利です。

もちろん他の国内の仮想通貨取引所でも日本円の入金は可能ですが、時間の制約がある場合が少なくありません。

ビットバンクではそういった点が少なく、休日の深夜でも早朝でも入金できるのはメリットです。

最後が専用スマホアプリの存在です。

スマホのブラウザで取引するという手もありますがかなり面倒です。

いっぽう専用アプリは使いやすいのでそれが大きなメリットとして挙げられます。

⇒【ビットバンク公式サイトはこちら

 

【ビットバンクの口コミ・評判はどう? まとめ】

ビットバンクは日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所として実績を持つ取引所です。

そのため仮想通貨の取引量では、いまや日本一を誇っています。

そして口コミから挙げられるメリットとして、アルトコインの取引所形式の売買ができること、リアルタイムでいつでも日本円の入金ができること、そして専用アプリの存在が挙げられます。

このように便利で利用しやすいビットバンクですが、レバレッジ取引ができないことや、約定力がやや低めなことなどが弱点として挙げられています。

ただたしかにデメリットがあるものの、総合的には非常に多くのユーザーが口座開設をしています。

ですので、それだけ実力のある暗号資産(仮想通貨)取引所と認識してもいいのではないでしょうか。

⇒【ビットバンク公式サイトはこちら