複数の端末で読み込んでおくと安心!コインチェックの二段階認証!

【管理人プロフィールはこちら】

取引所に登録したあとにかならず設定しておきたいのが二段階認証というセキュリティーです。

通常のログイン時に必要なIDとパスワードにプラスして、もうひとつ6ケタの数字を入力してログインするというものです。

もうちゃんとやってあるよーという方も多いかと思います。

しかし認証コードを表示できる端末(スマホなど)がひとつだけだと、その端末を無くしたときや壊れたときに当然認証コードをだせなくなります。

一度かならず二段階認証を解除しなければならなくなります。

取引所に本人であることを証明する必要があるのでなかなか面倒なのです。

とりあえずサポートセンターに問い合わせることからになります。

ちなみにQRコードを読み込ませたときに、その下に表示される16ケタのキーをちゃんとコピーするなりして保存してあれば大丈夫です。

Google認証システムにその16ケタのキーを入力すればもとに戻せます。

もし各取引所の16ケタのキーをコピーしていなかったり、どこにいったか見当たらない場合はこれを機に、ふたつの端末でQRコードを読み込ませてなおかつ16ケタのキーもコピーして保存しましょう!

ここではCoincheck(コインチェック)二段階認証の再設定を説明しますね。

面倒ですが仮想通貨取引所はつねに仮想通貨を盗み取ろうとするハッカーに狙われていますから、二段階認証まではがんばって設定しましょう!

 

コインチェックの二段階認証を設定し直そう!

まずはコインチェックにログインして、上の画面にある設定をクリック!

次の画面の二段階認証をクリック!

すでに設定してある場合は上の画面のように出ますので、その時の認証コードをGoogle認証システムアプリから確認して入力し、設定解除をクリックして解除完了です。

ここからは再設定になります。

もう一度二段階認証へ。

ここでスマホかタブレットにGoogle認証システムアプリを入れて次のQRコード読み込みに備えるのですが、再設定の方はすでにひとつの端末にはアプリが入っているので最低もうひとつ端末を用意してGoogle認証システムアプリを入れておきましょう。

iPhone・iPadのかたはアップストアから、アンドロイド端末のかたはGoogleプレイストアからGoogle認証システムをダウンロードしてください。

上の画面から設定するをクリックします。

 

① QRコードを読み込む前に、16ケタのキーを書き留めておきましょう。これがあれば端末を紛失しても違う端末にこのキー入力することでもとに戻せます。

② ここが重要です!!ふたつの端末(スマホとタブレットや、家族のスマホなど)にQRコードを読み込ませましょう。

端末からGoogle認証システムのアプリを開いて、右下にある赤い(+)をタップすればバーコードをスキャンという項目でます。

それをタップしてQRコード読み取り画面にし、QRコードに近づければすぐに読み込まれて完了です。

③ Google認証システムに表示された認証コードを入力。

④ 設定をクリックして、二段階認証の再設定完了です。

これでふたつの端末からGoogle認証コードを表示できます。

16ケタのキーもあるので、これら3つをなくさない限りは二段階認証を解除して取引所に本人確認をする必要はないので安心です。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2018年最新版】初心者におすすめの登録すべき人気仮想通貨取引所トップ5!

仮想通貨法ってなに?仮想通貨分野に力をいれている日本の作った法律とは!

仮想通貨の価格チェック機能だけは素晴らしい!コインチェックのスマホアプリ!

倒産?もしかしたら復活?仮想通貨取引所コインチェックの運命やいかに!

指値・逆指値注文ってどうやるの?仮想通貨取引所コインチェックでやってみよう!

大暴落は激安セールで大チャンス!コインチェックで買い増しマシーン!