副業

【やらなきゃ損!】正社員でも会社にバレない副業10選!税金に注意!

正社員の方が副業に取り組むうえで気になるのが、会社にバレないかどうかですよね!

たとえバレてクビにはならなくても、絶対居心地が悪くなってしまうでしょう。

そこでこの記事では【正社員でも会社にバレない副業10選!】をご紹介していきます!

正社員が副業を会社にバレないためにすべき4つのこと!

所得(利益)が年20万円を超える場合は確定申告をする

本業が別にある上で確定申告をしなくてはいけなくなるラインは、副業をしたことで得られた利益が20万を超えるかどうかです。

これを超えた場合は確定申告をしないと脱税となり、会社にバレる以上の騒動が起こる可能性がでてきます。

ポイントは副業の年収が20万以上ではなく、「利益」が20万円以上ということです。

例えば1年間の副業で25万円の収入を得ていたとしても、そのための経費が6万円以上かかっていた場合などは、1年の利益が20万円を切るので確定申告が必要なくなります。

確定申告の際に住民税を「自分で納付」にする

本業の会社に副業がバレる最も大きな原因は「住民税」が増えることです。

会社勤めの場合は本業の会社が、従業員の毎月の給与から住民税を引いて納めてくれます(特別徴収)。

ところが副業で増えた収入によって生じる住民税も、「本業の会社のほうで給料から引いてくださいね~」と市町村役場から通知がいきます。

その時に住民税が増えていることに、本業の会社の経理に気付かれることがあるわけです。

しかし確定申告する際に副業のぶんは「自分で納付」を選択することで、本業の分は特別徴収、副業の分は普通徴収(自分で支払う)になります。

本業の会社が納める住民税が増えなくなるので、そこからバレる可能性は低くなります。

給与所得になる派遣・パート・アルバイトはしない

アルバイトやパートなど、会社から給料をもらう副業の場合、給与と税に関する手続きはすべて副業の会社側がおこないます。

その場合、住民税を自分で納付できない事がほとんどです。

そうなると副業分で増えた住民税が本業の方に回るので高確率でバレます。

なので本業の会社に内緒で副業をしたい場合、会社から給料をもらうような仕事をするのではなく、給与取得ではない形で所得を得られるネット上での副業をすることが望ましいです。

副業で稼いでいることを話さない

当たり前の話ですが、副業で稼いでいると話せば、その話した相手には副業をしていることがバレます。

そこから人づてに、副業をしていることが会社に伝わる可能性は想像以上に高いです。

なので副業をしていても、誰にもそれを話さないことが重要になります。

会社の同僚に話すのは論外ですが、家族から回り回って本業の会社に伝わるというケースもあるので、家族にも可能な限り話さないほうが良いでしょう。

正社員でも会社にバレない副業10選!

アンケートモニターで稼ぐ

アンケートサイトを利用し、各種アンケートに答えることで報酬を得るという副業です。

アンケートはウェブアンケートの他、座談会や商品モニターなどもあります。

収入の目安はウェブアンケートのみなら月3000円、単価の高いアンケートを集中的にした場合は月2~3万程度となります。

撮った写真を写真販売サイトで売る

スマホなどで撮影した写真は、イメージ画像などの用途で需要があり、写真販売サイトで売ることができます。

写真の数に収入が左右されるので、最初は月に千円も稼げないということも多く、月収が万単位になるまでにはそれなりの時間と労力が必要になります。

LINEスタンプを作って売る

LINE用のスタンプを作り、販売することでも収入を得られます。

収入の目安は1セットが月に数百円程度なので、稼ぐならコンスタントに製作・販売する必要があります。

公募ガイドで賞金を獲得する

何らかの企業や組織の公募企画では、優秀者に賞金が出ます。

腕に自身があるなら得意分野の公募に応募して、賞金を得ることもできるでしょう。

賞金は数十万から100万程度が一般的です。

記事ライティング

クラウドソーシングで指示に従って文章をライティングをするというのも、現代ではありふれた副業と言えます。

案件次第で報酬は変わりがちですし、ライティングの速度にもよりますが、月収2万円程度は無理なく狙えるでしょう。

良いクライアントと契約できれば、さらに上も目指せます。

セドリ

ネット通販やリサイクルショップで安く商品を仕入れて転売し利益を得るというのがセドリです。

転売という性質上、どうしても仕入れにお金がかかり、良い仕入先を見つけられるかでも利益が大きく変わります。

元手があってうまくいけば月収5万円程度は副業として狙えますが、在庫を抱えて大赤字のリスクもあります。

データ入力

企業がまとめたいデータを表にしたり、情報を検索・収集してまとめる仕事がデータ入力です。

バイトを募集していることも多いですが、バレたくないならクラウドソーシングから請け負いましょう。

データがすでに用意している場合は1件数円、収集も含めるなら数十円程度で、数をこなす仕事になります。

月収としては一般的なタイピング速度で2・3万程度が目安です。

テープ起こし

テープ起こしは現在では録音テープは使わず、音声ファイルをテキスト化する仕事になっています。

1分あたり100円程度が相場と言われていますが、1分の音声をテキストに起こすには3~6分程度かかることには注意しましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資

一時期流行した仮想通貨の投資ですが、大暴落と大暴騰を繰り返しながらも、副業として取引を続ける方は残っています。

元手をしっかりと用意してうまく取引ができれば月に数十万稼ぐこともできますが、稼ぐチャンスと同じくらいお金を失うリスクもあるということは注意するべきです。

ライブチャット

女性限定ですが、ライブチャットは短時間で稼げる可能性もある副業です。

ノンアダルトでも1回数十分の会話で5000円ほど稼ぐことができます。

ただし誰もチャットに来なければ何時間待っても0円です。

正社員でも会社にバレない副業10選! まとめ

紹介した方法をとれば、会社にバレる可能性を大きく抑えて副業をすることが可能です。

しかし確実とは言い切れないので、心配な場合は念のため税務課に問い合わせたりして、最大限リスクを抑えた上で副業に取り組んでいきましょう。

コイン
コイン
こんにちは!管理人のコインです。現在の副業月収は20万円ほど。目標はあくまでも副業月収100万円!