暴騰・暴落に対応できてる?仮想通貨取引との向き合い方を徹底解説!

【管理人プロフィールはこちら】

インランねーちゃん

インランねーちゃん
コイン君~、仮想通貨の暴騰・暴落が半端ないんだけど~。

コイン君

コイン君
君の気分の暴騰・暴落も半端ないんだけど~。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
ほう。 言うじゃないかコイン君。

コイン君

コイン君
冗談です。

 

さてなんにおいてもですが、本で勉強しているだけと実際に行動してみることは雲泥の差がでます。

仮想通貨ビットコインは数百円から1000円ぐらいでも購入できます。

1000円の本を読むのと実際に1000円分のビットコインを買って毎日の上がり下がりを見ているのとでは、かなり経験値が違ってきます。

自分のお金を少額でも使うことは、取り組む真剣度合が変わります。

1000円分のビットコインを買って、仮にいまビットコイン が大暴落して50パーセント値下がりしても、1000円分のビットコインは500円になるだけです。

少額なので当然リスクが少ない分、儲けも少ないのですが実際に取り組んでいることは大変勉強になりますし売買に慣れていきます。

取引方法といっても基本は買った価格より高くなったら、売って利益をだす、それだけです。

とにかく少額でいいから自分のお金で投資してみる、ということで真剣に取り組めますし、ビットコインに関するニュースにとても敏感になります。

ビットコインに限らず仮想通貨の取引時間は、365日24時間おこなわれています。

時間を選らばなくていいということは流動性がとても高く、取引相手が常にいるということです。

365日おこなわれているから、無理して毎日取引すると体を壊してしまうので土日だけ取り組むなどがオススメです。

株式投資だと土日祝日は、株式市場が休みなので平日しかできないのです。

2017年4月から仮想通貨ビットコイン定義する法律である、改正資金決済法が施行されました。

ビットコインを国が認めたことが安心感として広がり、ビットコイン投資に参加する人がとても増えてきています。

 

どんな時に価格が暴騰・暴落するのでしょう?

経済不安で自国の通貨よりもビットコインのほうが信用できるという国は海外にはたくさんあります。

そういう時にビットコインが大量に買われて価格が上昇します。

イギリスのEU離脱を決める国民投票で離脱が決まった時も、株価は大きく値下がりしましたがビットコインは逆に値上がりしました。

つまりビットコインもその他の仮想通貨も、景気にあまり左右されないのです。

政治・経済のニュースよりも、ビットコインそのもののニュース(ハッキングなど)に敏感です。

長いスパン(半年ほど)で価格が上昇している時は、一時的に大きく下落しても買い増すチャンスととらえることが出来ます。

世界最大のビットコイン取引量となっているのは中国ですので、中国政府の動き一つでかなりビットコインの価格に乱高下が起こることが多いです。

2017年も中国政府による「レバレッジ取引」の禁止からはじまり、9月には仮想通貨全面禁止を発表し、多くの中国仮想通貨取引所が閉鎖に追い込まれたりと何度も中国がらみで大暴落しています。

それでもビットコイン価格は1ヶ月もたたないうちに回復し、さらなる上昇を続けました。

仮想通貨取引所での売買手数料は無料なので、買った価格からすこしでも上がれば利益が出ます。(取引手数料かかる取引所もあるので注意!)

この売買手数料がかからないことは、仮想通貨ビットコイン取引のおおきなメリットとなります。

初心者のかたでも数百円でかって100円・200円上がったら売れば、儲かりますしリスクも少ない良い練習になります。

これが株式投資だと買ったり売ったりするたびに、手数料約100円~数千円引かれてしまいます。

ちょっとの値上がりでは利益が消えてしまいます。

2017年のビットコインの価格は、激しい乱高下をしながらも結果的には着々と上昇していきました。

 

暴騰・暴落が多いなかで、どう仮想通貨取引すべきか?

1日単位でみれば、はげしく下落した時に買って、ある程度上がったら売ればいいです。

でも当然売ったあとにさらなる上昇をみせてがっかりすることもあります。

逆にまだ上がるよねと思って持ち続けていたら、急落してショックをくらうことも多いですよね。

この両方の悩みをクリアする方法としては、中長期で持ち続けるビットコインと短期で売買するビットコインに分けて取引する方法がいいかと思います。

資金は人それぞれになりますが、1万円であれば中長期用のビットコインを5千円と短期用のビットコインを5千円と1対1に分けたり、7対3にしたりと自分にあった配分でチャレンジするのです。

1日から数日での激しい価格の暴騰・暴落には、短期売買用のビットコインを使って利益を細かくひろうイメージ。

半年から1年かけてなだらかに上昇するほうに備えて、中長期用のビットコインを保管し続けるという方法です。

どんな投資においても、精神的にもっていかれる(ショックで生活に影響を及ぼす)ことは避けるべきです。

自分なりのルールを決めてかならずそれを守ることがとても大切です。

 

関連記事・暴落も怖くない!心おだやかな、Zaifコイン積立とは?

 


 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

送金手数料が無料?仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)の評判を調査!

草コインたちって何?将来性のある有望な草コインたちを徹底調査!

【確定申告は要注意!】仮想通貨取引の利益にはどんだけ税金がかかるの?

仮想通貨が無料でもらえる?AirDrop(エアドロップ)ってなに?

インターネットバブルから学び、仮想通貨バブル崩壊に備えよう!

仮想通貨取引所に預けておくのはやばい?ビットコインはどこに保管するのが安全?