ビットコイン投資のリスクを知っておこう!

どんな投資でもリスクはかならずありますが、特にビットコインはまだまだハイリスクハイリターンと言えますね。でも高額な資金を投入しなければ、さほど怖いものではありません。

ここでは、どのように取引に取り組んでいけば楽しみながらビットコイン投資をしていけるのかを紹介します。

 

四六時中、取引にしばられてしまうリスク

ビットコインをはじめその他の仮想通貨も、24時間いつでも取引できるのはいいのですが、価格の上下が激しいので気になりだすとかなり価格チャートを見る時間が増えてしまいます。

日本で深夜から早朝にかけての時間帯も、他の国では昼間だったりしますから容赦なく価格は動くのです。

スマホアプリを使えば、なおさら手軽にチェックできてしまいます。

でも睡眠時間を削ってまで取引していて、体を壊してしまっては本末転倒ですよね。

そこで指値(さしね)注文という注文の仕方をオススメします。

いまの価格でいいからすぐに買いたい、売りたいという注文方法は成行(なりゆき)注文といいますが、それとは逆に今すぐじゃなくていいから、自分の希望の金額になったら買います、または売りますという注文方法です。

金額と購入量を決めて注文できるので、価格チャートに貼りついている必要がありません。 

その注文の有効期限も指定できるので、毎日取引できない方にはありがたい注文方法です。

買うときに同時に売る価格も指定しておけるので、半日ほっといたら勝手に利益がでていることも多いです。

ちなみに成行注文ですが、今すぐ買いたい、売りたいという注文方法ではあるのですが、注文が、殺到している時などはなかなか注文が確定せず、かなり離れた価格になってしまう場合があるので注意か必要です。

 

なんといってもバブル崩壊リスク

今年(2017)は仮想通貨元年と言われたことや、4月に改正資金決済法が施行されたことで安心感が広がり、ビットコイン価格は急激に上昇しました。

1月の時点で、1ビットコインあたり10万円ほどだったのが8月で50万円を超え、何度か暴落しながらも12月で100万円を突破。その後10日ほどで200万円を超えました。

30万円でも50万円でもバブルと言われていたにも関わらず、すべて飛び越えています。

この先やはりとんでもない暴落が待っているのか、それとも1ビットコインあたり500万円まで飛んでいくのかは誰にも分かりません。

なんと言ってもほとんどの仮想通貨取引関係者の予想が今年のはじめの時点では、2018年末までに1ビットコインあたり30万円に届くかもしれないという程度だったのです。

そこで特に価格の変動が激しいビットコインの取引に有効な方法が、積立投資です。

利益を出すためには、ビットコインの価格が安い時に買って、高くなったら売るわけです。しかし安く買えたかどうかは後になってみないと分かりません。その後さらに価格が下がる場合も当然あるからです。

売る場合も同様に、あとになってもっと価格が上がってしまうことも多いですね。

そこで一度に買わずに、毎日あらかじめ設定しておいた同じ金額分だけ購入するのが積立投資になります。

予算が一ヶ月一万円であれば一日に約三百円ずつ毎日毎日購入していくのですが、 こうすることで自然と高値のときは購入する量が減り、安値のときは購入する量が増えるかたちになりますね。

しかも相場の変動に振り回されることなく、たんたんと毎日自動で買い続けてくれますから体調をくずす心配もありませんので、ビットコイン取引がまだよく分からない初心者の方や時間のないサラリーマンの方にオススメです。

決してハイリスクハイリターンの短期売買のように、一日で大きく儲けることはできませんがローリスクでビットコインの将来の可能性にかけるという方には最適な投資法です。

今年(2017)だけで、1ビットコインあたりが10万円から200万円まで上がり、さらに上がり続けているのでそろそろバブル崩壊かという情報も出ていますが、しっかりと仮想通貨について学びその可能性を知るとまだまだ僕たちの想像を超えた価格上昇を見せると感じさせます。

その間には何度も暴落するでしょうが、それを気にせずに長い目でおだやかに投資するのがビットコインの積立投資です。

ビットコイン積立をするなら、オススメの取引所はZaif(ザイフ)です。少額から始められますし、ビットコイン以外にアルトコインまでそろっています。

正式名称はZaifコイン積立で、ビットコイン(BTC)以外にもアルトコインでもいくつか積立できます。アルトコインではモナーコイン(MONA)・ネム(XEM)、そして今年(2017)10月からイーサリアム(ETH)も取り扱われるようになりました。うれしい。

そしてZaif(ザイフ)のコイン積立は、最初に銀行口座を設定してしまえばあとは自動的に毎日指定の仮想通貨を日割り計算して買ってくれます

月1万円の予算で設定しておくと、一日約300円ちょっとを購入していってくれます。月の予算も1000円から設定できるので一日約30円ずつ購入できて初心者にも安心の投資法です。
月の予算を銀行口座から引き落としするときに、その金額に応じて手数料が加算され、1000円なら100円・1万円なら250円などとなっているのですが良心的な範囲だと思います。

Zaif(ザイフ)のコイン積立を利用するには、Zaif(ザイフ)にアカウント登録が必要です。

Zaif(ザイフ)にアカウントを開設

 

コイン積立は積み立てというくらいですから、長期投資のジャンルに入ります。3年~5年をめどにじっくり積み立てて、税制が変わったところで売るのが理想的です。

今年(2017)発表された仮想通貨で得た利益に対する税金は、雑所得になりますので5割(半分)ほどもっていかれます。でかいですね。

日本円に戻した時点で課税対象になるので注意が必要です。年末までの利益が20万円までは課税対象にならないので、税金を納める必要はありません。

しかし株などの投資で得た利益に対しての税金は、2割ほどになっているのでいずれ仮想通貨もそうなることが期待できますからそこまで積み立てられると、手元に残る利益が多くなります。

今年(2017)は結果的にはビットコインの価格が10倍どころか、一時的に20倍を超えていきましたがまだまだ突然の大暴落は多いですし、世界情勢によっては下がったままになることもあるかもしれません。

ですからあまり欲張らずに仮想通貨の投資金額は、多くても全資産の1割までにとどめることをオススメします。