仮想通貨取引所に預けておくのはやばい?ビットコインはどこに保管するのが安全?

インランねーちゃん

インランねーちゃん
ね~、コイン君はハードウェアウォレット買ったの?

コイン君

コイン君
買ってないよ~。ハードよりソフトなほうがが好きだから。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
はいはい。どっちでもいいからビットコインくらいは、ちゃんと取引所から移しとけよ!

コイン君

コイン君
ハードだね。。




ビットコインを保管できるウォレットは、おもに4種類

安全性の高い順から

・ハードウェアウォレット

・ソフト(ローカル)ウォレット

・ウェブ(オンライン)ウォレット

・仮想通貨取引所のウォレット

となりますが、取引のしやすさ・速さでは順番はまったく逆になります。

仮想通貨取引所のウォレットは一番取引がしやすくて楽な反面、コインチェック事件やマウントゴックス事件に象徴されるようにかなり危険が潜んでいます。

対してハードウェアウォレットは、かなりセキュリティーが高い反面、取引するときは手間がかかりますしすべて自己管理となるので、パスワード管理が苦手な人にとっては逆効果となり資産を取り出せなくなる可能性があります。
くわしくはこちら

 

ウェブ(オンライン)ウォレットとソフト(ローカル)ウォレットの違い

さて一長一短のあるウォレットたちですが、そのちょうど良いとこどりなのが、ウェブ(オンライン)ウォレットソフト(ローカル)ウォレットになります。

二つの違いをみていきましょう!

まずウェブウォレットですが取引所のウォレットと違って、秘密キーを自分で保管することが出来る点で人気があります

代表的なウェブウォレットはこちら Blockchain

ただネットにつながっているので、ハッキングされる可能性は少なからずあるのと、結局は送金や入金するときに秘密キーをウォレットのサーバーに送ることがリスクになります。

続いてソフト(ローカル)ウォレットですが、パソコンやスマホに直接ダウンロードするウォレットです。

ネットにつながっていないので秘密キーをサーバーに送る必要もなく、ハッキングのリスクもかなり抑えることが出来ます。

 

【代表的なソフトウォレット】

Copay(コペイ)

ダウンロード容量も少なく、パソコンへの負担も抑えられます。
Windows、Mac、Linuxに対応していて、もちろんスマホアプリもあります。アカウント登録は一切いらず、日本語にも対応しているので使いやすいです。

でも秘密キーやパスワードは、自分で管理しなくてはならないので要注意です。

 

bread wallet

bread walletはスマホアプリのウォレットで、ビットコイン専用です。

サーバーを介さずに直接ビットコインネットワークにつながっているため、とてもセキュリティーが高くハッキングされる可能性は極めて低いです。

スマホでの使用なので持ち運びができていつでも取引できるうえに、操作性も抜群です。

 

注意点としては、秘密鍵(プライベートキー)が直接スマホ(端末)に保存されるので、盗まれたり故障したりするとビットコインを取り戻せなくなります。

とはいえ設定時に表示される復元コードがあれば違うスマホ(端末)でも復元できるので、復元コードだけはしっかりとメモして自宅で厳重保管しましょう!

 

インランねーちゃん

インランねーちゃん
ハードウェアウォレットのほうが安心だけど、取引のしやすさを重視するならソフトウェアウォレットもいいわね!

関連記事・コインチェック事件があってまだ取引所に置いておきますか?

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メタマスクって何? イーサリアムを持っているならこのウォレットにうつすべし!

暴騰・暴落に対応できてる?仮想通貨取引との向き合い方を徹底解説!

ほんとにセキュリティ対策大丈夫?仮想通貨取引所の安全対策と取り組みとは?

リスクをおさえる方法は?少額から始めるビットコイン取引!

利益だせるの?投資経験なしの初心者でも儲かる仮想通貨取引のやり方!2018

仮想通貨取引所を1つにしぼるとしたら、オススメはどこ?