【コロナ禍だけど仕事や会社を辞めたい。。。】そんな方へ3つの対処法!

コロナ禍で仕事を失くしている人も多い昨今。

自分の会社はまだ大丈夫だけれど、仕事がツラい、辞めたいという人も多いのではないでしょうか。

今仕事があってきちんと収入があるだけありがたいのは確かです。

一度仕事をやめてしまったら再就職できるかわかりません。

それでもどんどん仕事がツラくなってきていて、今の仕事はやめた方がいいような気がするという人はどうしたらいいのでしょうか。

この記事では【コロナ禍だけど会社を辞めたい方へ3つの対処法】をご紹介していきます!

【コロナ禍なのに会社を辞めたい理由は?】

「コロナに関係なく辞めようと思っていた」

まずはコロナウイルス感染症の拡大とは全く関係ない理由で「仕事を辞めたい」という場合です。

例えば自分の性格や能力に合っていない仕事ではないかと思うこともあるでしょう。

また職場の人間関係があまりにもぎすぎすしていて耐えられない、という場合もあるでしょう。

あるいは仕事の内容や残業時間が厳しすぎて、体を壊してしまいそうという場合もあるのではないでしょうか。

仕事の内容や人間関係に問題がなくても、通勤が大変だったり、収入が思うように伸びないという話も聞きます。

「テレワークでうつ気味」

人によっては、コロナ禍のなかでだんだんと精神的なバランスが崩れてしまう人もいます。

特にテレワークで自宅で一人で仕事をしていると、孤独感にさいなまれたりする人もいます。

またテレワークでは、仕事仲間や顧客とうまくコミュニケーションをとれず、トラブルになることもあります。

自宅でのテレワークでは、家族の存在が邪魔になって集中できないという場合も多いようです。

このようなことがきっかけで、うつ気味になる人が増えています。

【コロナ禍で会社を辞めたい時の注意点は?】

「有効求人倍率は下がってきている」

コロナ禍の中で今務めている会社を辞めようとするのなら、気になるのは再就職ができるかという点ですよね。

2020年の有効求人倍率を見てみましょう。

2020年10月に発表になった同年8月の有効求人倍率は1.04倍。

まだ1倍以上はあるとは言え、2019年は1,6倍以上あったのでかなり下がってきています。

政府の様々な景気対策や自粛緩和にもかかわらず、有効求人倍率は下がる傾向にあります。

「自己都合で辞めると失業手当の給付がおそい」

一旦仕事を辞めたとしても、とりあえず失業保険でなんとかなると考える人もいるかもしれません。

しかし会社の都合ではなく、自己都合で仕事をやめた場合には、失業保険の給付が遅くなることも知っておきましょう。

自己都合で退職し失業保険をもらうためには、まずハローワークに出向いて求職の申し込みをする必要があります。

この手続きのあと7日間の待機期間があり、それから2か月の給付制限期間があります。

その間は失業保険をもらえない状態で過ごすことになるのです。

【コロナ禍だけど仕事や会社を辞めたい方へ3つの対処法!】

「せめて次に働く会社から内定をもらってから辞める」

どうしても仕事を辞めたい場合も、できれば次の仕事が決まってからにするのが賢明です。

つらかった仕事をやめるとホッとしてしまうかもしれませんが、そのまま無職になってしまうのは避けたいもの。

辞めた後の仕事が決まっていないと収入がなくなるだけでなく、精神的にもつらくなってしまいがちです。

また履歴書に空白の期間があると、転職活動の時にも不利になることがあります。

次の会社からきちんと内定をもらってから今の仕事を辞めたいところです。

今後のことを衝動的に決めてしまわず、落ち着いて計画的に転職することを考えましょう。

「今の仕事を続けながら副業を育てる」

しかし有効求人倍率がこれほど減少しているこの時期に、新しい仕事を見つけるのは難しいかもしれません。

そんな時におすすめな一つの方法は「副業を育てること」です。

自分の得意な分野や、興味のある分野で副業を始めておけば、いざ会社をやめても収入が得られます。

最近ではweb関連の仕事を副業として、本業とは別の収入を得る人が増えています。

しっかり副業を育てていけば、収入を増やすことができるだけでなく、やがて副業を本業にすることができるかもしれません。

副業初心者でも、比較的簡単に取り組める「副業」をまとめましたので参考にしていただければと思います。

➤➤➤自力で稼ぐ方法10選!

「転職保証のあるスクールで学ぶ」

今の仕事が自分に合わない、辞めたいという人には「転職保証のあるスクールで学ぶ」という方法もあります。

新しく仕事のスキルを覚えて、それを新しい就職先で生かしていくのです。

例えばプログラミングやwebマーケターなどは、今の社会で広く求められているスキルと言えるでしょう。

転職にも有利なスキルや技術を身に着けておけば安心して仕事を辞められます。

加えてこのようなスキルを教えてくれるスクールの中には、転職を保証してくれるところもあります。

しっかり学んだあとは学校の紹介で就職ができるのです。

新しいスキルを身に着けて転職したいという場合は、転職保証のあるスクールを探すと安心して新しい一歩を踏み出せそうです。

参考までに転職保証のあるプログラミングスクールを掲載しておきます。

 

【コロナ禍だけど仕事や会社を辞めたい方の対処法 まとめ】

仕事を辞めるか辞めないかというのは、コロナ禍のこの時期非常に難しい決断です。

簡単に決めることはできないと迷うかもしれません。

まずは「ここまでやってみよう」という働く期限を自分なりに決めて、その期限がきた時点で実際の行動に移すようにすると悔いがないのではないでしょうか。

また辞めると決断しても、自力での転職に自信がもてない場合は、転職エージェントを利用してみるといいでしょう。

転職エージェントは相談だけでなく、転職に成功した場合も利用料金がかかりません。

転職先の企業が支払うシステムなので、気軽に利用することをおすすめします。

⇒【アイデム スマートエージェント公式サイトへ

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【いまの仕事は向いてない?】会社を辞めたいときの判断基準は?

【パワハラがひどい。。。】そんな会社を辞めたい人がすべき3つの対処法!

【もう働きたくない。】とにかく会社を辞めたいという方へ3つの対処法!

【もう仕事を辞めたい。。。】そんな独身女性がすべき3つの対処法とは?

【人間関係に疲れた。。。】もう仕事を辞めたいという方へ3つの対処法!

【まだ半年だけど。。。】すぐに仕事を辞めたいという方へ3つの対処法!