仕事辞めたい

【会社を辞めたい。。。】そんな50代独身男性がすべき3つの対処法とは?

50代の独身男性であっても、会社を辞めたいと思う人は少なからずいるのではないでしょうか。

若い時と違って、最近は仕事がだんだんきつくなってきたと感じる人もいるでしょう。

また独身だから身軽だし、いったんこの会社を辞めてもいいんじゃないかと思うこともあるでしょう。

高齢者社会で60歳70歳を過ぎても働く人が増えているので、50歳ならまだまだ仕事にありつけそうなものです。

しかし年老いた親の介護もでてくるかもしれない。。。

そこでこの記事では【仕事を辞めたい50代独身男性がすべき3つの対処法】についてご紹介していきます!

会社に縛られずに自宅で稼げる仕事」についても、記事にまとめてあるので参考までにどうぞ。

 

【50代独身男性が仕事を辞めた場合の心配事とは?】

「親の面倒も見なければいけないのに無職になって大丈夫か」

50代となると、両親の年齢は70代後半から80代。

リタイアして年金生活に入っている場合が多いのではないかと思います。

しっかりしているように見える親でも、だんだんと病気の心配や介護の必要がでてくるのは年齢的に当然のことです。

介護が必要になったからといって、仕事をしながら世話をするのは大変なこと。

どうしても介護サービスに頼る必要があります。

場合によっては施設への入所を考えることもあるでしょう。

そのためには経済的にこちらが支えてあげる必要があります。

無職ではいざというときに大きな不安が残ります。

「50代を雇ってくれる会社なんてあるのだろうか」

今の会社に問題があって、どうしても転職したい、という人もいるでしょう。

しかし、新しい社員を雇う会社の立場から考えると、50代よりももう少し若い人を雇いたいというケースが多いようです。

日本の会社は、柔軟性があり給与も低くてよい若い人を選ぶことが多いからです。

もちろん、人生経験も仕事の経験もある50代には十分な価値があるといえるのですが、50代を雇ってくれる会社がどれくらいあるのかどうか、慎重に考える必要がありそうです。

【50代独身男性が仕事を辞めた場合のメリットデメリットは?】

「メリット・現職でのストレスから解放される」

50代独身男性が会社を辞めることには、もちろんメリットもあります。

毎日の仕事から解放され、自由な時間がとれます。

妻子がいない分身軽なので、止める人は少ないかもしれません。

今の仕事のしんどさから解放され、肉体的ににも精神的にもリフレッシュできるでしょう。

身体や心が病んでしまうようなら、辞めたほうがいい場合もあるのは確かです。

「デメリット・収入が無いのにとにかく再就職が厳しい」

デメリットとして一番大きいのはもちろん収入がなくなってしまうこと。

会社を辞めてしまって収入がなくても、しばらくは貯金で食べていけるという場合もあるかもしれません。

しかし、老後のことを考えると50代というのはしっかりお金を貯める必要がある時期といえます。

安易に貯金や退職金に頼るのは考え物です。

しかも、50代の場合、思うように再就職ができるどうかは難しいところ。

もし仕事が見つかっても、今までよりも収入が下がってしまったり、これまでとは全く異なるタイプの仕事しか見つからない、ということがあり得ます。

【仕事を辞めたい50代独身男性へ3つの対処法!】

「在職中に次の仕事を見つけておく」

それでも、どうしても今の会社を辞めたい、という場合はどうしたらよいのでしょうか。

最低限押さえておきたいのは、「次の仕事を決めてから、辞める」ということです。

そうすれば収入も安定し、心おきなく辞めることができるでしょう。

仕事と仕事の間をあけてしまうと、モチベーションも下がります。

履歴書に空白を作ってしまうのも考えものです。

別の会社に採用されることが決まってから辞めることにすれば、安心です。

必ず内定を取ってから辞めるようにしましょう。

「会社が欲しがるスキルがないと転職エージェントでも厳しい」

最近では転職エージェントを使って、新しい仕事を探す人も増えてきました。

しかし、転職エージェントでも必ず確認されるのが、「スキルをもっているかどうか」という点です。

特殊な技能や資格を持っていたりすると、転職先が比較的見つけやすくなります。

また、業種によっては「営業でこれくらいの成績をとってきました」といった点もスキルとして使えるかもしれません。

「管理職としてこれだけの部下を扱ってきました」といったこともスキルの一つといえますが、このようなタイプのスキルを求めるところは少ないかもしれません。

すぐに使えるスキルを持っていないようなら、資格を取得する、というのも一つの方法です。

しかし、50代というのは微妙な年齢であり、求められるスキルのない人は転職エージェントを使っても厳しいということを心に置いておきましょう。

「50代では友人・知人に仕事を紹介してもらうほうが可能性あり」

50代での転職の場合、友人や知人に会社を紹介してもらうほうが成功する可能性が高いといえます。

自分の経歴や、性格など知ったうえで紹介してくれるので、ミスマッチが少なくてすみます。

雇う側としても、直接紹介してもらうので信頼性が高いと感じられるでしょう。

仕事関連の友人や知人に、同じような業種で求人がないかこっそり聞いてみたりすることもできるでしょう。

また、学校時代の同級生や先輩後輩などに聞いてみるのもよいでしょう。

あるいは親戚などで顔の広い人がいたら相談してみるのも一つの方法です。

世の中にたくさんある会社の中から一つを選び、そこに採用してもらうというのは若い人でも大変なこと。

50代の場合、友人や知人を頼る、というのは、無理なく転職するためのかなり有効な方法といえるでしょう。

【仕事を辞めたい50代独身男性へ まとめ】

50代独身男性の場合、これまでにたくさん働いて十分なたくわえがあり、自宅もある、という人もいるかもしれません。

しかし、一生仕事をしなくても大丈夫というケースは少ないといえます。

親のことや自分の老後のことを十分に考えて、これからももう少し働く必要があると判断したら、転職は慎重に考えましょう。

50代独身男性の転職は、相当の覚悟を持って考えることが必要です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です