仕事辞めたい

【結婚を機に仕事を辞めたい。】だけど心配という女性へ3つの対処法

「結婚を期に仕事を辞めたいけど、本当に辞めてしまって大丈夫かな、その後の生活レベルはどうなるのだろう」と悩む女性は多いのではないでしょうか。

結婚をすれば、家事や育児の負担が増えますから、家のことに集中したいと考える女性の場合、仕事を辞める選択肢を強く意識するでしょう。

一方で共働きを推奨されている現代ですから、夫の収入のみで生活することや世間体に不安を抱くケースもあります。

本当に辞める前にメリットとデメリットを把握しておけば、いざという時の心構えも出来ますよ。

【結婚を機に仕事を辞めた場合の心配事とは?】

「旦那の収入だけでやっていけるのか心配」

夫の収入が高くない場合や妻の収入が高い場合に、特に色濃く感じる心配事の1つです。

働く人間が減れば、家庭全体の収入も減ってしまいます。

世帯収入が大きく落ちたり、元々の生活レベルが高い水準に有ったりした際は、辞めた後の生活レベルを必然的に下げる必要があります。

節約には我慢が強いられますから、ストレスを感じやすい方にとっては、想像以上に苦痛を伴う恐れが生じるでしょう。

「一度社会から離れてしまうと復帰できるか自信がない」

会社を辞めると、1度社会から離れることになります。

その後に復帰したいと思っても、会社を辞める前と同じポジションに就くことは、難易度が大変高いです。

仕事に誇りを持っていたタイプである程、上手く社会に戻れない際の、無力感や疎外感を感じるため、大きな心配事になってしまいます。

資格やキャリアが無い場合や、仕事に関して柔軟性を持てない場合には、仕事を辞めることに対して慎重にならざるを得ません。

【結婚を機に仕事を辞めた場合のメリットデメリットは?】

「メリット・家事や育児に集中できる」

仕事をしていた時間を丸々家事や育児にあてられることは大きなメリットです。

家事や育児は思っている以上に重労働です。

育児は特に、子どもが病気になった、何かをやらかしてしまったなど、突然発生する緊急タスクが付き物です。

それらを仕事と両立させることは、困難を極めます。

周囲に助けを求められる場合は心強いですが、核家族が一般的になった現代ではハードルが高いでしょう。

自分自身の心身と家庭状況に余裕を持つためにも、仕事を辞めるという選択は良い決断です。

「デメリット・意外ともてあまし怠惰な生活に」

要領が良く家事や育児が得意な方は、意外にも時間をもてあましてしまいます。

特に育児は子どもの成長と共に負担が軽減されていきます。

時間をもてあましてしまうと、生活する上での目的意識が薄れて、怠惰な生活になりがちです。

趣味や勉強など打ち込めることがあれば有意義な生活を送ることが出来ますが、そうで無い場合は、無気力になってしまう可能性が有るでしょう。

【結婚を機に仕事を辞めたいけど心配という女性へ3つの対処法!】

「短時間のパートに出る」

短時間のパートであれば、負担も少なくて済みます。

外に出ることで、家族以外の人と関わることもできるため、視野も広がるはずです。

パートには主婦層が多い傾向があるため、情報交換の場や気分転換の場としても、有効かもしれません。

何よりも、社会に所属し自分の力でお金を稼ぐ事実が生まれることは、精神的な安定にも繋がります。

妻に収入があることで、家計にもプラスになりますから、多くのメリットに恵まれることでしょう。

気軽に始めることができ、職種も多岐に渡るため、興味のある内容を選ぶことが大切です。

「自宅で稼げる副業を始める」

自宅で稼げる副業は、最も負担が少ない働き方です。

勤務地に赴く必要もありませんし、時間の融通が利きます。

時に煩わしい人間関係からも距離を置くことができるため、自分のペースで働きたい方におすすめです。

簡単なライティングや商品モニター、アンケート案件などは初心者にもおすすめの副業です。

不要なものをフリマサイトで売ったり、ハンドメイド作品を売ったりすることも手軽な副業だと言えるでしょう。

何から始めれば分からないという人は、クラウドソーシングサイトに登録して、求められる業務内容を自分の目で確認してみると、ヒントが得られるかもしれません。

「転職保証のあるスクールで学ぶ」

エンジニアやデザイナーなど、主にパソコン1台で業務を行うことができ、働く場所や時間を問わない職業に注目が集まっています。

注目が集まることで、エンジニアやデザイナーを養成するスクールが数多く開校されているのです。

この様なスクールの利用者は、スキルを身に付け、仕事にしたいと考えている人が大半を占める傾向にあります。

スクール側もその期待に答えるため、インターン、就職、転職を徹底的にサポート、保証する学習カリキュラムを提供しています。

スクールにはそれぞれ特色があり、直接授業を行うところもあれば完全オンライン型を採用するところもあります。

自分のライフスタイルや将来像に合わせて行動することができるため、スキルを身に付けて仕事に就きたい方におすすめです。

【結婚を機に仕事を辞めたいけど心配という女性へ まとめ】

一般的に収入が妻よりも多いとされる夫が、仕事を辞める場合は家計の一大事です。

しかし、出産や育児で仕事をセーブせざるを得ない妻が結婚を機に仕事を辞めることは珍しいことではありません。

1度仕事を辞めても、新しい仕事やキャリアに挑戦する道は残っています。

家事や育児も大きな仕事ですから、まずは自分自身の心身の余裕を確保することに専念しましょう。

仕事を辞めたい時は辞めて、落ち着いてから再就職を検討しても遅い、ということはありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です