【ストレスで限界。。。】泣きたいほど仕事を辞めたい方へ3つの対処法!

「ストレスで勝手に涙が出るくらい仕事を辞めたいけれど、考えが甘いのかな」と悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。

仕事によっtは、自分の望まない業務や合わない人間関係の中に身を置くこともあり我慢の連続ですよね。

我慢を繰り返した結果、勝手に涙が流れる程に追い詰められてしまうということもあるでしょう。

辞めることに悩む人は、自己責任を強く感じる傾向にあり、そのまま放置すれば心身を壊してしまう恐れがあります。

取り返しのつかない事態になる前に、辞めることも視野に含めて対策を講じることが必要です。

この記事では【ストレスで仕事を辞めたい方へ3つの対処法】をご紹介していきます!

【ストレスで仕事を辞めるのは甘い?】

「ストレス耐性は個人差が大きい」

「ストレスに押し潰されそうで仕事を辞めたい」と話すと、考えが甘いと叱責してくる人もいるかもしれません。

しかしそもそもストレス耐性は個人差が非常に大きいのです。

人間にはそれぞれ得意不得意があるように、耐えられるストレスの種類や度合いにも個人差や相性があります。

一方にとっては理想的な仕事でも、もう一方にとっては苦痛を伴う仕事であるというケースも少なくありません。

この様な場合は、どちらかの感覚がおかしい訳ではなく、個々の相性の問題だと言えるでしょう。

「病気になるほうが辞めるよりリスクが高い」

意外にも盲点ですが、病気を抱えるほうが辞めるよりもリスクが高いのです。

健康な内に仕事を辞めることが出来れば、転職活動も出来ますし様々なことへ挑戦することが可能です。

しかし病気になってしまうと、行動範囲や選択可能な手段が狭まってしまいます。

仕事を辞めずに我慢した結果、病気をわずらい今の仕事も退職を迫られ、次の仕事も決まらないというケースは決して珍しくないのです。

何事も体が資本ですから、1つの仕事にこだわるよりも健康に過ごせる仕事を見つけることを優先しましょう。

【仕事を辞めるべきストレス症状は?】

「頭痛・耳鳴り・睡眠障害などの体調不良」

ストレスがピークに達すると、体は様々な不調のサインを送ってきます。

その中でも日常的な頭痛、耳鳴り、睡眠障害はその代表的な例と言えるでしょう。

以前なら時間をおけば和らいでいた、薬を飲めば回復していた症状かもしれません。

しかし回復に努めても全然治らない、悪化するようになったという段階まで来てしまったら要注意です。

体の不調は根本的な原因を取り除かない限り、おさまることはありません。

医療機関を受診し、治療とサポートを受けられる環境を確保しておきましょう。

「無気力で何もしたくない」

無気力で何もしたくないという症状は心の不調に該当します。

症状が軽度な段階のセルフケアとしては、趣味や友人との交流を行うことで、気分転換をすることがおすすめです。

しかし症状が進むと何もしたくない気持ちばかりか、体自体を動かすことが出来なくなってしまいます。

今まで夢中になっていた趣味に興味が湧かなくなったり、物忘れがひどくなってしまったりした場合は特に注意が必要です。

仕事だけでなく、私生活全体にも支障をきたす恐れがありますから、一刻も早く専門の医療機関を受診しましょう。

【ストレスで仕事を辞めたい方へ3つの対処法!】

「医者に診断書を書いてもらえば1週間くらいは休めることも」

病気や怪我が原因で仕事を続けることが困難な場合は、医師に診断書を書いてもらうことが出来ます。

1週間程度であれば、比較的業務の調整もしやすいため会社を休むこともできるはずです。

本当に症状が辛い場合には有効な手段となるでしょう。

仕事のストレスが原因とは言え、実際に休む際は職場への連絡と理解が必要になります。

理解のある職場であればしっかりと対応してもらえますが、そうでない職場の場合は嫌な思いをすることもあるでしょう。

場合によっては直属の上司や部署の人間だけでなく、第三者に間に入ってもらいながら話を進めた方が良いケースもあります。

「すぐに辞めて退職金をもらい失業手当を申請する」

仕事を続ける気がまったく起きない、直ぐにでも辞めてしまいたい場合は迅速に退職の手続きをおこないましょう。

勤務年数によっては退職金を得ることが出来ます、

なので退職後すぐに生活が困窮するという事態は避けることが出来ます。

有給休暇の消化についても合わせて確認しておきましょう。

退職後は失業手当の申請を忘れずに行うことが大切です。

自己都合退職の場合は、申請から給付開始までに2か月の時間を要します。

会社都合退職と比べ給付期間が短いことも特徴です。

そのため少なくとも3か月分の生活費を確保してからの退職がおすすめです。

「自宅でできる副業を時間をかけて育てる」

様々な働き方が推奨される世の中で、「副業」は現在大きな注目を浴びています。

副業だからこそ自分の好きな分野や得意な分野に挑戦することが出来ます。

初心者向けの副業から資格やキャリアを積んだプロ向けの副業まで、様々な職種が展開されていることも、副業が大きな注目を浴びる理由の1つでしょう。

ただ種類が多いゆえに、何から始めるべきか迷ってしまう方もいるかもしれません。

そこで副業初心者でも、比較的簡単に取り組める副業をまとめましたので参考にしていただければと思います。

➤➤➤自力で稼ぐ方法10選!

【ストレスで仕事を辞めたい方へ まとめ】

「ストレスで辞めることは甘えでは?」という声もあるかもしれません。

しかし置かれている状況やストレス耐性には個人差が大きく関係しています。

過度な我慢とストレスに耐え続けた結果、身体や精神が壊れてしまうこともあります。

生きていく上では体と心が資本ですから、心身の不調は仕事を辞めることよりもリスクが大きいです。

悩んだ時には広い視野をもって考え、医師に頼る方法や転職、副業など、ご紹介した方法を検討してみてください。

➤➤➤自力で稼ぐ方法10選!

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【誰に相談すればいい?】仕事を辞めたいときに頼りにすべき相手とは?

【LINEかメールでもいい?】仕事を辞めたいときに注意すべき3つのこと

【病気になりたいほど仕事を辞めたい。。。】そんな方へ3つの対処法!

【お金がないのに大丈夫?】仕事を辞めたい人がすべき3つの対処法!

【コロナ禍だけど仕事や会社を辞めたい。。。】そんな方へ3つの対処法!

【理由はどうする?】会社を辞めたい方へうまくいく退職理由とは?