【仕事が合わないから辞めたい。。。】辞めてもいい3つの対処法とは?

社会人であれば、「仕事が合わなくて辞めたい」「自分に合う仕事を模索したい」と悩みを抱え込んでしまうケースも多いのではないでしょうか。

いざ仕事を辞めようと思っていても、次の仕事が本当に見つかるのか、収入面はどうするのかと不安ばかりが募ってしまいますよね。

最近では、会社に縛られない多様な働き方が認められている世の中になってきました。

ですが実行に移すことは決断力と行動力が求められ、ためらってしまう方も多いでしょう。

そこでこの記事では【仕事が合わないから辞めたいという方へ3つの対処法】をご紹介していきます!

 

【仕事が合わない・辞めたいと思ったキッカケは?】

「いつまでたってもひどく疲れる・慣れない」

職場の先輩や家族に仕事の悩みを相談すると、「慣れれば楽になる」と回答を受けることが多いですよね。

確かに社歴を重ねれば、ある程度仕事について把握することができ、時間が解決することも数多くあるでしょう。

しかし業務内容があまりにも自分の希望や適性とずれている場合や、人間関係が劣悪な環境に身を置いている場合は時間のみでは解決しません。

結果として疲労感や不満のみが蓄積され、仕事が合わなくてツラい、辞めてしまいたいとネガティブな思考に陥ってしまいます。

「仕事が出来るようになっても充実感がない」

仕事が出来るようになると、充実感を覚えやりがいを感じることが出来ます。

やりがいのある仕事は精神面に良い作用を与え、健康的な生活への重要なポイントにもなるでしょう。

しかし業務内容が簡単すぎる場合や、仕事が出来るようになっても昇給や昇格へ繋がらない場合は十分なやりがいを得ることが出来ません。

結果として自分の業務に意味を感じなくなり、次第に仕事への興味を失ってしまうでしょう。

【合わない仕事を辞めるかどうかの判断基準は?】

「会社の人間と関わるのが苦かどうか」

人間関係は、職場環境の良し悪しを判断する上で重要な材料の1つです。

挨拶をすることさえ億劫な場合や、必要以上に萎縮してしまう相手がいる場合は要注意だと覚えておきましょう。

どこの職場にも合わない人間は居るものであり、多少の我慢や相手に合わせる対応は必要です。

しかし仕事のスタートとなる挨拶が出来ない環境、怒鳴り散らす職員が居て落ち着いて仕事が出来ない環境などは明らかに会社側に問題があります。

時には逃げることも必要ですからしっかり判断しましょう。

「最低3か月は働いて喜びを感じれる瞬間があるかどうか」

働き始めは職場に慣れることが精一杯で、ストレスが溜まりやすい時期でもあります。

そのような時に合わない、辞めたいと軽率に判断してしまうことはとても危険です。

早期の退職は、転職やキャリア形成に大きな影響を与えるため注意しましょう。

職場環境が劣悪なケースを除き、最低3ヶ月は働いてみましょう。

3か月働いて、業務内容や人間関係を十分に理解してからの判断でも遅くありません。

【仕事が合わない人が辞めてもいい3つの対処法!】

「次の会社の内定が出てから辞める」

次の職場が決まっていることは、安定した状況下で会社を辞めることができる堅実な方法です。

現在の仕事に余裕がある場合は、転職活動を並行しておこない、内定が決定した時点で辞めることが金銭的にも精神的にもダメージが少なく済みます。

在職中から転職エージェントを利用して、次の会社の内定をもらっておくという方法があります。

転職エージェントの利用料金は、つぎの転職先の会社が支払うシステムなので金銭的負担もありません。

⇒【リクルートエージェント公式サイト

この選択肢を選ぶ社会人は非常に多いため、間違いない方法と言えるでしょう。

ただこれからも会社に所属する形で仕事を続けたい方にはおすすめですが、もう会社に縛られないフリーランスを目指す方には不向きな方法でもあります。

「バイトをしながら個人で副業を育てる」

これは今すぐに会社を辞めたい方や、退職後にやりたいことが明確に決まっている方におすすめの方法です。

近年では副業や起業の形態が多様化しており、会社に縛られないフリーランスを選ぶ方が多くなっています。

副業では、自分の特技や資格、趣味、経験談がそのまま商品になることも多く、夢をつかむ方も少なくありません。

しかし様々なクラウドソーシングがあるため、自分の何が副業になるのか分からない人も多いでしょう。

そんな方は、登録して求められている仕事内容を確認してみることが大きなヒントになります。

個人でおこなう内容のため、初期費用も安く抑えられるケースが多く、金銭的にも取り組みやすいことが特徴です。

副業はその時代の流れ、スキルや経験の深さを求められることも多いです。

そのためアルバイトと並行して、情報収集や自らのスキル向上を積極的、継続的におこなうほうが安心です。

➤➤➤自力で稼ぐ方法10選!

「バイトをしながら転職保証のあるスクールに通う」

アルバイトをしながらスクールで仕事になるスキルを学び、最終的には学んだスキルを生かして転職する方法もあります。

近年人気の学べるスキルには、エンジニアやデザイナーといった手に職をつけられ、フリーランスとしても注目されている職業が数多く占めている印象です。

スクールが転職までの道のりを完全にサポートしてくれることが特徴です。

そのため、自分でどのように活動すれば良いか迷っている方や、現在の自分に自信が無い方におすすめです。

様々なスクールが台頭している状況のため、どこのスクールを選ぶか吟味することが必要になります。

そのなかでも、最近もっとも注目を集めているのはやはり「プログラミング」でしょう。

日本ではエンジニアの数が圧倒的に足りていないため、プログラミングを修得してエンジニアになれば引く手あまたとなっています。

⇒【未経験からエンジニアになって転職する

 

【仕事が合わない人が辞めてもいい3つの対処法 まとめ】

仕事が合わないと感じることは、社会人であれば誰でも経験するでしょう。

実際に辞める際には慎重な判断が求められますよね。

ですが業務内容や人間関係に不満がある場合は、無理に仕事を続ける必要はありません。

しかし計画性無く感情的に仕事を辞めてしまうと、収入が途絶えてしまい、金銭的、精神的にも苦しい状況を招いてしまいます。

みずからを守るためにも自身のスキルや転職サポートをフル活用し、別の仕事を見つけて再出発を図りましょう!

➤➤➤自力で稼ぐ方法10選!

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【お金がないのに大丈夫?】仕事を辞めたい人がすべき3つの対処法!

【人間関係がつらくて会社を辞めたい。。。】そんな男性がとるべき対処法!

【とにかく仕事を辞めたい。。。】そんな30代独身男性がすべき3つの対処法とは?

【ストレスで限界。。。】泣きたいほど仕事を辞めたい方へ3つの対処法!

【誰に相談すればいい?】仕事を辞めたいときに頼りにすべき相手とは?

【それは甘えだ!】と言われた仕事を辞めたい男性のとるべき道は?