草コイン探せ!2018おすすめの投資法と仮想通貨取引所での買い方! 

【管理人プロフィールはこちら】

インランねーちゃん

インランねーちゃん
2017年の末に流行った草コインたちは終わったの?

コイン君

コイン君
草コイン全体が主要コインとともに暴落してたけど、プロジェクトの中身がしっかりしている草コインはお買い得かも。

インランねーちゃん

インランねーちゃん
コイン君! 人と同じことやってても儲からないよ! 一旦みんなが離れた草コインを狙ってくから、買い方教えて!

コイン君

コイン君
投資家だね。。。




 

1か月だけブレイクした草コインは終わった?

草コインと呼ばれている仮想通貨を覚えていますか?

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインといい1000種類以上あるといわれています。

草コインというのはアルトコインのなかでもずば抜けて知名度の低い、よく分からない仮想通貨のことをさします。

知名度が低くてよく分からない仮想通貨なので、1草コインあたり1円を切って0.00?円という価格も多く見られかなり安く買えるわけです。

そしてひとにぎりの草コインにおいては、突然100倍1000倍になったりしてたわけです。去年の12月半ばから今年の初めまでは。。。

2017年には10倍や50倍ぐらいならどんどん出ていて、その後そのほとんどが暴落してゆっくり沈んでいきました。



 

ビットコインも8年前は草コインだった。

しかし今をときめくビットコインも、2009年に生まれて2010年に初めて取引されたときの価格が、1ビットコインあたり0.225円ほどだったのです。

そうビットコインも草コインだったわけです。

2017年12月には、1ビットコインあたり200万円を越える日もありましたから、7年で800万倍以上になっていました。

当時、1万円分のビットコインを買っていたら800億円以上になっていたということですね。

現在の草コインたちにもその可能性が秘められていると言えなくはないわけです。

8年前ほとんどの人に見向きもされなかったビットコインのように。

とはいえまったく価格が上がらなかったり、取引量が増えずに電子ゴミと呼ばれる状態になっていく草コインもたくさんあります。

ですから生活に支障をきたさない金額にとどめましょう。

草コインと呼ばれる部類のアルトコインは、ほとんど信用がありませんから日本国内の仮想通貨取引所では扱われていません

だから海外の仮想通貨取引所で購入することになるのですが、当然英語というハードルがでてきます。

しかし海外の仮想通貨取引所には珍しい日本語対応されているありがたい取引所が、Binance(バイナンス)です。

現在、仮想通貨取引量が世界一におどりでている仮想通貨取引所です!

【Binance(バイナンス)で草コインを買う】

 

関連記事・Binance(バイナンス)の登録方法

 

2018年・草コインの買い方のポイントは?

価格が安い
当然はじめの購入価格が安いほど、大きな値上がりが期待できるので出来れば1コインあたり0.1円以下か、最低でも1円以下のものがいいでしょう。

 

流動性が高い
やはり売買がさかんにおこなわれているほうが期待できます。

逆に言えば売買が少ない草コインはそのまま電子ゴミになっていきます。

取引所から取り扱い終了となる恐れがあるので注意が必要です。

 

生まれたての草コインを見つける
単純に新しい草コインは、有望であっても誰もまだ知らないので格安で購入できます。

 

公式サイトを見てみる
気になる草コインを見つけたら、かならず公式サイトを見てみましょう。

そしてホワイトペーパー(その仮想通貨の企画・構想、利用目的などをまとめた公開書類)を確認。まったく分からないですよね。

英語力がある方はいいですが、無い方は翻訳サイトで頑張りましょう。そこでライバルたちはあきらめていくのですから。

とにかくホワイトペーパーを公開していないような草コインはやめておいたほうがいいでしょう。

特にこれといった利用目的のない草コインも危険です。

投資家が投資する理由がないですし一時的に高騰しても、価格を吊り上げられて落とされる危険性が高いです。




<コインゲコをチェック>
CoinGecko というサイトで公共の興味という項目をチェック!

アカウントを登録しなくても使えるので楽ちんですが、登録するとお気に入り草コインリストを作れます。

 

Google翻訳で頑張る
草コインを購入するには、基本今のところ海外の仮想通貨取引所で買うことになります。

日本語対応されている取引所以外は英語の翻訳を頑張る必要があります。

とはいえ分からない部分の英語をコピーして、Google翻訳に貼り付けるだけでほぼ分かります。

国内の仮想通貨取引所で扱われているアルトコインはある程度信用があるぶん去年一年間で結構値上がりしてしまっています。これらはもう草コインとは呼ばれません。

 

情報収集する
サイトを検索したりいろいろあると思いますが、いま有効なのはやはりTwitterです。

とにかくリアルタイムでいい情報も悪い情報も手にいれやすいですね。

 

ビットコインにはない特徴がある
最低限ビットコインにはない特徴があるとか、そのコインを作っていく目的をしっかりもっているなど。

もっと言えばビットコインよりすぐれているアルトコインはすでにたくさん出てきています。

そのすぐれているアルトコインを超えようとするプロジェクトなどをもっていること。

そうでないと、わざわざハイリスクな草コインにたくさんの人が投資するわけがないですからね。

 

いざ!草コインの世界へ!

Binance(バイナンス)に限らずですが、海外の仮想通貨取引所で仮想通貨や草コインを購入するためにはビットコインイーサリアムを送金する必要があります。

日本円で直接購入することはできないからです。

ひと手間はどうしてもかかりますが、日本の取引所でビットコインイーサリアムを買って海外の取引所へ送金しましょう。

【Binance(バイナンス)で草コインを買う】

 

イーサリアムを少しでも安く買うなら、取引所形式(ユーザー同士で売買できる板形式)のZaif(ザイフ)とBITPOINT(ビットポイント)がおすすめです。

【Zaif(ザイフ)でイーサリアムを買う】

【BITPOINT(ビットポイント)でイーサリアムを買う】

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨NEM (ネム)復活はあるの?割安なうちにZaif(ザイフ)で購入が吉!

億り人ってもう死語?サラリーマンが仮想通貨取引で今から億り人になる方法!

海外仮想通貨取引所はどこがおすすめ?メリットは何?安全性は大丈夫?

大暴落の仮想通貨ビットコイン・復活のための課題はなに?

仮想通貨はもう終わり?ビットコインって信用できるの?信用できないの?

倒産?もしかしたら復活?仮想通貨取引所コインチェックの運命やいかに!