株初心者が2年間失敗を繰り返しながら、安定して儲けを出せるようになってきた!

【管理人プロフィールはこちら】

どーも。コインです。

じつは、株もやってますのでそのことを。。。

株投資を始めたころは、かなりギャンブル的手法でした。

とにかくおもしろいですけど、おそろしいです。

いくら投入するかによりますけど。それは株も仮想通貨も同じ。

でも振り返ってみると、まだ株取り引きを始めてから2年です。

でも4年ぶんぐらい老けたとおもいます。

あまりにも、精神的に振り回されて(良くもわるくも)結構長い間取り組んでいるつもりになっていました。

今回は今までの株取引での失敗を忘れずに今後にいかせるようにするための備忘録です。

もしよろしければ、初心者あるあるお楽しみください。



 

株初心者になったのは、2年前。

最初にすすめてくれたのは義理の父と母です。

要するに、嫁さんのお父さんお母さん。

普通あんまり義理の父母がすすめないと思うのですが、ぼくのあまりにも変わらない年収をあわれに感じたのか娘と孫を心配してかなんとか増やせと。

とは言え、これだけは口すっぱく言われましたので守っています。

信用取引はぜったいやめろ。

投資金額の何倍もの取引ができるので、もうかると何倍にもなります。

でも損失を出せば当然それも何倍になるので、つまり借金をかかえる可能性が生じるということですね。

ふつうの株を取り引きしているぶんには、投資金額が最悪の場合ゼロになることはあっても借金になることはありませんしね。

まあ貯金ゼロもどうかとおもいますけど。

そこはリスクをとっておおきく稼ぐか、守って現状を維持し続けるかは人それぞれ。

ぼくの場合は、日本にしばられずにどんどん外国にも行きたいので、会社を卒業してもお金に困らない状態を作り出そうと思ったわけです。

家系的に、男の寿命が長くなくて70歳まで生きた人がいないので、逆算するとあと30年ないくらいなのでのんびりしてたらすぐですよね。

年々、一年がたつのが早く感じるのはほとんどの人が同じだと思うのですが、これ50歳、60歳でさらに早くなるとよく聞きます。

だからもう勝負なんです。まわりになんと言われようが。

ちょうどそんな頃に、ポケモンGo が突如あらわれたのです。

実はポケモンGo 、アメリカで先に配信されて日本はそれから何週間かあとだったんです。

アメリカでとんでもなく流行ってると聞いて、ニンテンドー株が上がるかなぁと思ったわけです。

しかしすぐ買わなかった。

思ってから3日後にようやく1株だけ買ってみたら、高値づかみ。

ニンテンドー株高いんですよ。当時で1株2万~3万。

アメリカで流行ってることを最初に知ったときは、2万円前半くらい。

それを3万ちょっとで買ってしまって、その後どんどん下がって2万円前半まで下げました。

上がりはじめたとこに飛びつくと、高値でつかみ急落を喰らう。

この株は教訓として持ちつづけ、今年買値まで戻ったとこで売りました。(その後、いま4万円ごえ。。。)

そこから本格的に取り組みはじめるのですが、自分なりのルールが必要だと感じたわけですね。

で、作ったルールが、数ヵ月まえに大きく下落してずっとそのあと横ばいしている銘柄を100株30万円くらいで買う。

そして1万円上がったら即売り。

下がったら2、3か月様子見して、ナンピン買いする価格を見きわめて買うと。

とにかく1万円を積み上げていくイメージ。

これがうまくいっていました。4か月で30万円積みあがりました。

このころ使っていた証券会社⇒ SBI証券

 

株初心者のくせに、1億円目指してデイトレードにはしる

でもおこずかいが欲しいわけではなかったので、勝負に出ようと思いデイトレード(短期取り引き)を学びます。

学ぶといっても、ネットで出てきたものの中からピンときたものを真似するというだけです。

このころ証券会社をカブドットコム証券に鞍替えしました。

なぜもうかっていたSBI証券からカブドットコム証券に変えたかというと、かなり多彩な発注方法が使える点でした。

しかし、まったく勝てません。

それからというもの、運につきはなされたかのように損切りビンボーと化します。

2017年に入ってからデイトレードに切り換えて、月に30万円を目標にスタートしました。

取引ルールも大幅に変更して、購入してから3万円上がったら自動的に売却、1万円下がったら損切りとしました。

10回取り引きして、3回勝てば残り7回ダメでも2万円のプラスになる。

ぼーっと相場をながめている時間が減らせるという素晴らしいスタイル。

だと思ったのです、その時は。

しかし始めてみると、あっという間に12連敗。

だいたい売り指値で、1万円下がったところに指値を入れていました。

しかし相場がスタートして(寄り付き)でいきなり1万以上下がって始まった場合、指値注文が発動されません。

こういう場合は、成行注文で売り注文を出さなければいけません。

そのままズルズル値下がっていってしまうということがおきて、会社の昼休みに確認してびっくりマイナス6万円ということありました。

最低でもマイナス1万円のはずが、マイナス6万円。

最初は意味が分からず、証券会社のシステムに文句を言っていました。

あっという間に最初に稼いだ利益の30万円はなくなりショックは大きかったです。

すぐに取り返してやろうと考えもせずにやたら買いまくり傷口を広げていきました。

アカツキ(3932)という銘柄と相性がよく、プラスになることが多かったのでよく買っていました。

しかし忘れもしない2017年の4月に北朝鮮リスクでどんどん下落していき、もう戦争かという4月13日にさらなる大暴落を恐れてマイナス5万ほどで損切りをしました。

そのとき100株で43万ぐらいだったと思います。

しかし翌週から相場全体がぐんぐんあがり、アカツキ(3932)は夏までに100株で100万円を超えます。

ただ持っているだけで、50万円以上のもうけになったのに。。。

まいにちまいにち売ったり買ったりちまちまちまちま注文を出して、儲けたときでも4か月で30万円。

損したときで、マイナス50万円。

その間つねに頭のなかは株価にしばられていることを考えると、ものすごい人生の損失ですよね。

ちょっと休もう。

しばらく休むことにしました。



 

株初心者にありがち・休んでもルールを変えなきゃおなじこと。

1ヶ月ほど株取引をやすんで、6月くらいに復帰したのですがその時点ではまだデイトレードスタイルでした。

いまの仕事を一生続けながら、毎月プラス2万か3万のこずかい稼ぎをするのが目的であれば問題はありませんでした。

ぼく月収(手取り20万円)なら単元100株で購入代金が10万円から20万円で取り引きする感じがいいと思います。

でもぼくはいまと同じ仕事をつづけるのは無理です。(はよやめりゃあいいんですけどね)

ですが家族を納得させる(安心させる)にはいまの年収かける寿命まで(30年もないと思います)で、つまりはいまここに1億あれば文句は言われないと考えました。

だから今の月収が手取り20万円でありながら、単元100株で購入代金が100万ぐらいのものを2銘柄ほどで勝負したわけです。

貯金をぶっこんだわけです。。。

結果。

3か月でマイナス30万。

日給1万円ほどの仕事している午前中のうちに、ドーンと10万ぐらいとんでいくわけです。

損切りできないとプロにはなれないという言葉にしばられて、マイナス損切りマイナス損切り、マイナス損切りの日々。

とりあえずちょっと流れを変えようと思い、1ヶ月ぐらい休むことに。

そして1ヶ月後に再開。しかしさらにマイナス、損切り。

毎月数万円でも利益が出てれば、会社仲間をさそって夕飯を食べに行って、全部おごって楽しく株の話もできるけど(半年くらいは出来たんです)、とてもとても誘う気にはなれませんでした。

まだ保有してるとはいえトータルで

マイナス80万円

くらいの含み損があるとなかなか誘えない。

おごるのはいいとしても(いまさら3000円くらい減ってもね)株の話をするのがね。

嫌ですね。

聞かれますしね。

最近は儲かってますか? って。

暗くなりそうで。

せめて、スタート地点まで戻ってこれれば笑い話もできるのですが。

でも月に2万、3万稼ぎたいわけじゃなく年単位で1000万。

そして1日も早く会社を卒業したい、家族にも不安を与えない資産を勝ち取りたいという思いで勝負にでたので負けると損失が大きいのは仕方がないことでした。

さて当時(2017・9)保有していた銘柄ですが、ソレイジアファーマ(4597)とイグニス(3689)でした。

いずれも市場はマザーズで、まあ乱高下は激しいので儲かるときも損するときも、金額か大きくなりますね。

2017・6月にソレイジアファーマがどかーんと下落して、マイナス20万。

ドカーンと落ちたらドカーンと戻すことも多いので、ナンピン買いしたら更にドカーンと下げて

Dead。

気分を変えようと、イグニスに手を出すもマイナス10万。

即Dead。

その後ゆっくり下げながら3か月たちました。

ソレイジアファーマが50円下げたらナンピン買いして、上に飛んでくれる日をアクビしながら待っていました。

でも取り戻せるのか、もっとひどい損益をくらうのかまったく分かりません。

しかし日々の精神的な消耗は減っていきました。

よくも悪くも慣れたのです。

株価は自分にはどうしようも出来ませんし、そんなことに日常までふさぎこんでしまっては本末転倒です。

ですが、証券口座で投資している総額は見ないようにしていました。

トータルの金額を見ると、やっぱくるんですよ。

うわぁーって。

だから見ないです。1日で10万増えたり、20万戻ったりしますし。

それより(株価)より、もっと銘柄(企業)のやっていることを調べたりして学んでいこうと思いはじめました。

もし投資資金を回収したら、つぎにすごく興味のある企業に投資するためにいまから準備していく。

それを楽しんでいこうと思って過ごしていました。

というわけで、必然的にデイトレードは幕を閉じたのでした。。。

 

やっと中長期トレードに変えて、心が安定しました。。。

そしてそれからはもう中長期トレードしかしていません。こころが振り回されすぎるからです。

気分を変えたくて、証券会社もSBI証券にもどしました。

落ち込んでいると、まわりに悪いですし自力で株価はどうしようもないですしね。

さて。

そんなこんなでソレイジアファーマもナンピン買いしすぎて、買い増し資金もなくなってきました。

そんなころにビットコインが中国政府の政策で大暴落しました。2017年の9月ですね。

ビットコインが気になりだしたのは2017年の6月頃でしたが、まだまだ手をだす気持ちはありませんでした。

8月1日のビットコイン分裂騒動のときには、まったく自分とは縁のないものぐらいに思っていました。

でも9月の大暴落あたりから、なんとなく危なそうだから手を出さないというのは負け組の定番行動だよなあと思い直して、仮想通貨取引所の登録をしはじめました。

1万円くらいの少額で始めたので、下落しても知れてました。

とにかく取引に慣れるという感じですね。

そうこうしている間に、ソレイジアファーマもイグニスも上昇して最大80万円のマイナスはなくなります

2017年の11月、12月は仮想通貨売買のほうに集中することになりましたが、年末には失敗を活かしてまた株もやっていこうと決意しました。

そして現状として、イグニス(3689)を1000株ほど保有していてマイナス20万円ほどの損失です。

ですが以前とは、こころ持ちが全然ちがっていて下落してもたんたんと買い増しています。

まだまだこれからも学ぶことが多いと思いますが、いろんなこと全部ひっくるめて株取引を楽しんでいきたいと思います。

 




 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最新!2018年の仮想通貨関連銘柄はこれだ!失敗したくない株初心者にもおすすめ!

【株初心者におすすめのネット証券はここ!】IPO(新規公開株)もお得に!