Coincheck(コインチェック)での指値注文のやり方

さてついにみんなが待ちに待った(恐れていた?)大暴落がきましたね。

これだけかならず来ると言われ、たしかにかならず来ると思っていましたので対処は出来たのではないでしょうか。

うそです。分かっていてもまだ大丈夫だよな、なんだかんだ言ってまだ上がるよねと処理しきれなかった人(はい、僕です)も多かったのではないしょうか。

もうこのパターンは来年も続くと思うので次こそは精神的に揺さぶられないようになりたいものです。

どんなに暴落してもたんたんと相場をチェックして、底を売ったら少し買い増し、また下がったら少し買い増しという強さを身につけていくのが来年の目標です。

 

からだと心にやさしい指値注文

そんな取引に有効なのが、指値注文です!今日は取引所Coincheck(コインチェック)の指値注文を見ていきましょう。

ビットコインはもちろん、コインチェックに上場されているアルトコインたちは、とても価格変動が激しいですし24時間止まることなく売買されていますから、寝てるあいだや仕事の時間に急激に価格が上がったり逆に激しく下がったりすることは多いですが、ずっと貼り付いて相場をみていたら病気になってしまいますね。

そんな時にありがたいのが指値注文です。

いまの相場の価格に関係なく、自分の買いたい価格を入力して注文を出しておけば、自分が寝ていても働いていてもその価格になれば購入してくれるという注文方法です。

これは買い指値注文ですが、もちろん売り指値も可能で自分の指定注文した価格まで上がったら勝手に売っておいてくれます

 

指値注文のやり方をコインチェック画面でチェック

まずは取引所画面からの指値注文は、レートの入力欄にいまの価格に関係なく希望の価格を入力

注文量を入力して注文ボタンををクリックするだけで、指値注文完了です!

 

ビットコインを取引所形式で購入する場合、上の画面表示のほかにトレードビューというチャート画面から購入することもできます。

トップ画面の上から2段目にあるトレードビューをクリック!

 

 

これがトレードビューの全体画面ですね。

 

トレードビュー画面の右下にある注文エリアで、レートに自分の希望の価格を入力して緑色の買い注文ボタンを押すだけですね!

売り指値注文はその下にある欄に入力して、赤い売り注文ボタンを押すだけです!

大暴落を狙って現時点では考えられないような価格で指値注文を出すこともできます。

ビットコインの価格は急激に下落すると急激に反発していき、その時間帯に運よく相場を見れていることはなかなか難しいですから、大暴落のその一瞬を狙った指値注文はうまくいけばあとで相場をチェックした時にはすでに大きな含み益が生まれているなんてことがあります。

ちなみに指値注文に有効期限はなく、ほったらかしでいずれ注文を実行してくれます。

 

 

指値注文の兄弟、指値注文

逆指値注文というのは、現在の価格よりも値下がりした場合の価格を指定して注文することです。

なんで値下がりの価格を注文するんだと思うかもしれませんが、値下がりするほうにも注文を入れておくことで寝てるあいだに大きく値下がりしていても注文しておいた最小限の損失で自動的にカットしてくれるというわけですね。

有効な逆指値注文としてはもう一つ、ビットコインを購入したあと大きく値上がりしていてすでに含み益がある場合も、このあと値下がりしても最低限の利益は確保したいというときに逆指値注文が有効というわけです。

逆指値注文はトレードビューからしか出来ませんので注意が必要です!

逆指値注文のやり方はかんたんで、指値注文するときとおなじ入力欄に入力する前にレート欄の一つ上にある【逆指値を有効にする】にチェックを入れてから注文するだけです!

 

注文のキャンセルを覚えよう

 

<取引所画面の場合の注文キャンセル>

注文入力するところから少しさがると上のような未約定の注文という項目がでてきますのでそれをクリックして、キャンセルしたい注文を選んでキャンセルできます。

 

<トレードビュー画面での注文キャンセル>

すこしわかりずらいですがトレードビュー画面の下のほう未約定の注文という欄があります。(やけに小さいですね)

上の画面は未約定の注文がない状態なので真っ黒です。

そこからキャンセルしたい注文をえらんでクリックすれば、キャンセル完了です!