副業

【やらなきゃ損!】メダカ販売の副業は稼げる!メリットデメリットを徹底解説!

「メダカ販売の副業ってけっこう稼げるらしいからやってみたい!」という方は多いのではないでしょうか。

確かにメダカ販売はすぐに稼げるということでここ数年注目されていますが、様々なデメリットもあり稼ぎ続けることは難しいです。

そこでこの記事では【メダカ販売の副業のメリットとデメリット】についてご紹介していきます!

メダカ販売の副業のメリットは?

メダカ販売が稼げると言われているのには、以下のメリットがあるからです。

初月から数万円程度稼げる人が多い

ここ数年ひそかにメダカブームが起きています。

メダカが手軽に飼育できて、見ていれば癒やされると言われるようになったからです。

インターネット販売もできる魚なので、ヤフーオークション等で購入している人もたくさんいます。

そのため、売り始めてから比較的早く売れるので、初月から数万円稼げる人は多いです。

初期費用が少ない

メダカの飼育には、熱帯魚のようなヒーターや泡がブクブク出る設備が必要ないです。

水槽やプランターが用意できれば、あとはメダカの雄と雌の数匹ずつ購入して繁殖させるだけなので、数千円もあれば副業を始められます。

飼育しやすい

メダカは生き物を飼ったことがない人でも飼育しやすい魚です。

水の中で多少藻が繁殖しても生き残れる生命力の強さがあるので、難しい水質管理は必要ありません。

備えをしっかりしていれば越冬もできますが、熱帯魚ほど難しい温度管理も必要ありません。

これほど飼育がしやすく、おまけに勝手に繁殖するので、素人が手を出してもすぐに商品として販売できます。

メダカ販売の副業のデメリットは?

メダカ販売は商品の生産がしやすく、すぐに利益につながるということで人気となっています。

しかし、いつまでも稼ぎ続けることができません。

その理由として以下のデメリットが挙げられます。

冬はほぼ売れない

メダカは備えさえしっかりしていれば越冬はできますが、冬は冬眠していてほとんど動きません。

メダカはほとんどが鑑賞用に購入されているので、動かないメダカを購入したいという人は少ないです。

そのため、冬期間の収益はとても少なくなります。

月10万円以上稼ぐのはかなり難しい

メダカは1匹あたりの単価がとても安く平均して数百円程度です。

1匹数千円から数万円で売れるという話も聞きますが、それは飼育にたくさんの時間をかけているか品種改良に成功したものだけです。

商品を増やすことは簡単でたくさん売ることはできても、10万円以上稼ぐことは難しいです。

毎日面倒を見る必要がある

メダカは手軽に飼育しやすい魚ではありますが、急な水温変化に耐えられず、弱ってしまうこともあります。

熱帯魚のように水温を一定に保つ必要はないものの、水温が上がったり下がったりしすぎないように気を配らなくてはなりません。

生命力が強くてもやはり生き物なので、病気になることもあり、毎日面倒を見る必要があります。

メダカ販売よりおすすめしたい副業の条件は?

メダカ販売は稼げる職業ではありますが、デメリットもあります。

メダカ販売のようなデメリットを感じることなく稼げる副業は他にもあります。

具体的な副業の内容を紹介する前におすすめしたい副業の条件をお教えします。

やった仕事が資産になっていく副業

モノを制作する技術を学び、自分の商品を作ることで、それが資産になる副業があります。

毎日働き続けなくても、作り上げたものが収益を生んでくれるようになるのです。

制作技術を学び、スキルを磨くことに時間は要しますが、メダカのように毎日面倒を見なくても、一度作れば放置しても稼げるので、休みたい時には休めます。

5年後10年後も市場が伸びていく副業

そのジャンルの市場が高確率で伸びていくことが予測されている副業を選ぶことをおすすめします。

5年後も10年後も市場が伸びていくジャンルについて今から学んでいくと、メダカのように売れない時期があるわけでもなく、コンスタントに仕事を依頼されるので、安定した収入が入ります。

メダカ販売よりおすすめしたい副業3選!

メダカ販売よりおすすめしたい副業の具体的にはどういったものなのでしょうか。

3つ選んだので、ご紹介します。

Shopify(ショッピファイ)のサイト制作を請け負う

「Shopify(ショッピファイ)」とはネット上で商品を販売するECサイトの開発・運営を助けるシステムを提供している企業です。

ECサイトを制作にはサーバーの契約等さまざまな行程を自分たちでやらなければならないですが、Shopifyのシステムでアカウントを作成すると管理画面を設定するだけでサイト運営ができます。

今はネットショッピングが普及しているので、自社製品をネット上で販売することで利益を得たいと考えている企業はたくさんあります。

そのため、世界中の企業からShopifyのシステムが注目されていますが、管理画面の設定方法のノウハウが広く知られていないため、サイト制作を外注が増えてきています。

サイト制作の需要は高まっているので、独学かオンラインスクールでShopifyのサイト制作スキルを身につければ、クラウドソーシングで仕事を受注できます。

動画編集または動画広告クリエイター

現在は、通信技術が発達して、通信手段が4Gから5Gに変わっています。

5Gを提供できることにより、通信制限がなくなります。

動画の通信制限がなくなれば、Wi-Fi環境でなくてもデータ通信量が消費されることはないので、YouTube等の動画サイトの視聴者はさらに増えます。

現在、ユーチューバーという肩書きが職業としてなじみのあるものになってきましたが、動画の視聴者がさらに増えることでYouTubeを仕事にする人も安定して増えます。

このことから、動画編集者や動画広告クリエイターのスキルは需要が今よりもさらに増すと予想されます。

動画編集者や動画広告クリエイターになるには、動画編集スクールで勉強する必要がありますが、1か月基本を学べばクラウドソーシングで仕事も受注できるようになります。

プログラミングを身につけてサイト作成

2020年から小学校でプログラミング教育の導入されていることから、大人もプログラミングに関心を持つようになりました。

プログラミングを学ぶことで在宅ワークができるようになることが注目されており、プログラミングスクール等で勉強して、副業の手段にしようとしている人が増えています。

しかし、プログラミングは高度な技術と経験を積むことが必要なため、プログラミングスクールからいきなり独立しても、クラウドソーシングからでも請け負える仕事は少ないです。

勉強した後にすぐ仕事をしたければ、Wordpressの作成を受注することから始めてみるのがおすすめです。

WordPressは、PHPというプログラミング言語から開発されているので、プログラミングを多少学んでいる方であれば操作は難しくありません。

WordPressはブログ管理コンテンツとして使われているので、ブログを開設したい方に多く利用されていますが、素人は本等で調べなければ操作が難しいため、サイト作成を外注している方もいます。

プログラミングスクールで学んでいるレベルであれば、1件5万円以下で請け負えます。

最初はそのくらいの収入ですが、経験と実績を積み重ねて、高度なサイトが作成できるようになれば、1件50万円以上の案件を依頼されることもあります。

メダカ販売の副業は稼げる!まとめ

メダカ販売はすぐに取り組めて、結構稼げるという点では優れた副業ですが、毎日メダカのお世話に時間を取られる上に、売れない時期もあります。

メダカが相当好きでないと、続けるのが難しく、しんどくなってやめる人も多いです。

メダカ販売よりも、自分の作ったモノが資産となる副業の方が続けられるでしょう。

モノを作る技術を身につけることは時間がかかり、すぐに稼げるわけではありませんが、これから市場価値が伸びるジャンルの技術を習得することで稼ぎ続けることはできます。

これからはスキルと経験を身につけて働き続けられる副業に取り組んでいきましょう。