【NFTとは?】いったい何がスゴいのかを分かりやすく解説! 

NFTって何がスゴイのか分からないんですよ~。

2021年から急激に騒がれ始めた「NFT」ですが、じつは何がスゴイのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では【NFTについて】わかりやすく解説していきます!

「NFT」についてわかりやすく解説

まず「NFT」を出来るかぎり簡単に表現すると、

替えが利かないことが証明されているデジタルデータ」

のことです。

替えが利かないデジタルデータ。。。

まだちょっと分かりにくいかもしれませんが、読み進めていただくと次第に見えてくるはずです。

NFTが誕生するまで、デジタル作品は簡単にコピーできてしまうため、それが本物であること所有者が誰かを証明することが困難でした。

しかしNFTの登場により、デジタル上でもそれが本物かつ、〇〇さんの所有であると証明できるように。

このことにより、「資産」として取り扱うことが可能になったのです。

NFTの具体的なジャンルをあげると、アート・ゲーム・音楽・スポーツ・不動産・コレクターズアイテムなど多岐にわたります。

またこれまでは、例えばデジタル作品Aを転売した場合、転売した人にしか利益が入りませんでした。

当たり前じゃないですか?

しかしNFT化されたデジタル作品なら、転売されるたびにそのデジタル作品の製作者にも収益が入る仕組みが作れます。

NFTが注目されたキッカケは?

NFTが世界中から注目されることになったのは、以下のようなことがあったからです。

・NFT化したTwitter創業者の初ツイートが3億円で落札

・VRアーティストのせきぐちあいみさんがNFT化したデジタルアート作品が約1,300万円で落札

・小学3年生の男の子が描いたドット絵(ピクセルアート)をNFT化したら80万円で落札

しかしデジタルアートやデジタル動画は、依然としてコピーしようと思えば出来てしまいます。

唯一無二の本物であることは、間違いなくブロックチェーンに刻まれてはいます。

ところが現時点では、それが盗作やコピー商品であっても、「唯一無二の本物そっくりな偽物」としてNFT化して出品できてしまうのです。

でも法律で規制されますよね?

じつはNFT取引についての法整備が全然追いついていないのです。。。

しかもNFTは形がある「物」ではないので、民法上の所有権さえ現段階では認められていません。

NFTで稼ぎたい気持ちは分かりますが、一度冷静に考えたほうがいいでしょう。

そうなんですね。。。

とは言いつつも、今年はこれから物価が上がる一方なのは誰もが感じていることでしょう。。。

物価が上がれば、銀行に預けているお金の価値はどんどん目減りしていきます。

本当のリスクは、何もしないで銀行預金をしている状態かもしれません。

誰もが何かしらの投資を検討する時代に入っているのではないでしょうか。

でも投資のほうがリスクありますよね。。。

損したくない方におすすめの投資法!

投資に慣れてない人はもちろん、慣れている人であっても、「損したくない!」という気持ちは強いもの。

増やしたくて始めたのに減るなんてイヤですもんね。。。

気持ちはとてもよく分かります。

とは言え、多くの方が投資を続けているのは、長期的には増やせているからです。

そしてその方たちも少額投資から始めて、小さく損したり小さく得したりしながら、自然と経験値を積んできたのです。

「昨日は100円のマイナスだったけど、今日は200円のプラスだったなぁ。」という投資なら、長く続けられるので経験をたくさん積むことができますよね。

それくらいなら怖くないかも。

そして今はちょっとした空き時間にスマホだけで完結できるネット証券があります。

とくに多くの人が普段使っているLINEアプリから、そのまま投資できるLINE証券が便利かつ楽しいです。

例えば1株数百円から有名企業の株が買えます。

しかもちゃんと配当金ももらえます!

今なら簡単なクイズに正解するだけで、3株または2株分の購入代金(最大3,000円相当)がもらえるので実質リスクなしでスタートできます。

※3分ほどで口座開設が可能。